縁の下のUIデザイン―少しの工夫で大きな改善!

第13回 保存のデザインの使い分け―「自動保存」「行ごとに保存」「すべて保存」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

(b)行ごとに保存ボタン

行ごとに保存ボタンを置くことの利点は,(a)のように自動的に保存されるわけでもなく(c)のようにすべて保存するわけではない,必要に応じてこまめに保存できるという点があります。行ごとの保存であるため,一連の作業が行ごとに行われることが想定できる場合に効果的です。

図4の赤い枠が行ごと,緑の枠は列ごとの囲みです。今回の例で想定できることとして,特定のスタッフの情報を更新するようなケースであれば,行ごとに保存するボタンがあることが有効です。しかし,全スタッフの報酬をバランスをとりながら変更するといったケースでは,行ごとではなく列ごとでの保存ができることが有効です。しかし,どちらにも保存ボタンを付けると画面が煩雑になってしまいます。それであれば,後述する(c)のようにすべて保存するようにしたほうがシンプルになります。

図4 行単位に保存する画面の縦軸と横軸

図4 行単位に保存する画面の縦軸と横軸

また,いろいろな部分を変更していると,どこを保存していて,どこを保存していないかわからなくなってしまう可能性もあります。ユーザーの行動を想像して,タイミング良く保存できるように意識してください。TwitterのPC画面では,ツイートを途中まで書いた状態で別の画面へ移動しようとすると,図5のようなダイアログが表示されます。ユーザーが情報を書き換えて保存せずに別の画面へ移動する場合,変更が破棄されることを伝えると丁寧になるでしょう。

図5 Twitterで書き換えのツイートがある状態で別の画面に移動しようとすると表示されるダイアログ

図5 Twitterで書き換えのツイートがある状態で別の画面に移動しようとすると表示されるダイアログ

(c)すべて保存ボタン

すべて保存するボタンを置くことの利点は,画面に配置されている項目全体を配慮しながら保存できる点にあります。(b)のように行単位で毎回保存していくわけではなく,保存ボタンを押すのは一度でよいため,シンプルで作業が楽というメリ ットもあります。また,全体をすべて保存できることで保存したという実感も得られやすいです。

しかし,すべて保存するボタンを置く場合でも,ページをまたいでの保存には注意が必要です。一覧編集画面のようなケ ースでは,図6のように複数の画面に項目がまたがりページャが付く場合もあります。ほかのページも含めてユーザーに保存 させる場合,何が変更されたかわからなくなるリスクが伴います。1つのページで保存が完結するように設計しましょう。

図6 ページャが付いた一覧編集画面

図6 ページャが付いた一覧編集画面

また,先の状態が想像できないような変更を行う場合は,(a)のような自動保存ではなく(b)(c)のように保存ボタンをちゃんと設けましょう。図7はGmailのテーマ変更ダイアログです。デザイン変更などは,⁠実際にどういったデザインになるかのプレビューを確認してから保存したい」と思うケースがほとんどです。すぐに変更が確定される自動保存ではなく,確認できる状態を作ったうえで,キャンセルまたは変更を保存できるよう注意しましょう。

図7 Gmailのテーマ変更ダイアログ

図7 Gmailのテーマ変更ダイアログ

このように,1つの画面でもさまざまな保存のUIが考えられます。どれが正解というわけではありませんが,今回のスタッフ管理アプリケーションのケースであれば,以下のように筆者は考えます。

  • じっくり考えながら行う操作や突然変更されると良くないケースが含まれていることから,(a)の自動保存は不向き
  • 行ごとだけでなく列ごとに思考する可能性があるため,(b)の場合ユーザーの思考とずれるのと,保存回数が多くなる可能性があるため不向き
  • 全体を見渡しながら,ユーザーが思ったときにまとめて保存ができる。保存前に何度も値を調整できることからが(c)向いている

今回は「保存」をテーマに最適なUI はどれか検証してみましたが,複数のデザインが考えられるケースは多くあります。そのため,最適なUIを生み出せるよう,ユーザーの行動を想像して考えるプロセスが大切です。

WEB+DB PRESS

本誌最新号をチェック!
WEB+DB PRESS Vol.115

2020年2月22日発売
B5判/168ページ
定価(本体1,480円+税)
ISBN978-4-297-11187-8

  • 特集1 
    競技プログラミングの過去問で学ぶアルゴリズム
  • 特集2
    iOS 13徹底活用
  • 特集3
    小一時間でゲームを作る

著者プロフィール

池田拓司(いけだたくじ)

デザイナー。多摩美術大学を卒業後,ニフティ株式会社,株式会社はてなを経て,2012年にクックパッド株式会社に入社。2013年デザイン部長,2014年ユーザーファースト推進部長・執行役。Sassを使ったUIフレームワークの構築,Webアプリケーションなどサービス全体の設計,ユーザーのほうを向いたデザインやサービス開発の組織づくりにも努める。2017年4月に独立し,Design & Life inc.を設立。インターネットサービスをはじめとするさまざまなデザイン業,およびサービス開発などに取り組んでいる。

Design & Life inc.:http://designandlife.co.jp/