いま,見ておきたいウェブサイト

第17回 アンテプリマ,Q-BLOCK,Formula E

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

みんなでつくる,クルマ社会の未来

『Honda | エコグランプリ | Formula E』

Hondaのハイブリッド自動車「インサイト」に搭載されている,ドライバーの低燃費運転をサポートするエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)をフィーチャーしたレースゲーム,⁠Formula E』です。

図6 マウスを使った3Dのレースゲーム

図6 マウスを使った3Dのレースゲーム

credit: 1-10design, Inc.

車のレースゲームとしては珍しく,ハンドルの操作はありません。ユーザーはマウスをドラッグしながら,アクセルとブレーキを操作してゲームを進めていきます。公道が舞台となっていることもあり,実際の交通規則に基づいた行動が要求される(赤信号で停止する,制限速度を守るなど)という,とても面白いルールになっています。

図7 運転中は燃費に関係する情報が表示される

図7 運転中は燃費に関係する情報が表示される

また,運転中に「最も燃費が良くなるには,どれくらいのスピードが良いか」という表示が出たり,レース終了後にアクセルやブレーキの使い方が効果的だったのか評価されたり,ゲームの所々で,車の燃費を良くするための説明が出てくるのも特徴的です。

もちろん3D表現が用いられているにもかかわらず動作が軽快なことや,ゲーム後に表示される燃費のランキングシステム,選択できるコースが5種類も用意されているなど,ゲームとしてのクオリティも高いレベルに仕上がっています。

環境に対する企業の取り組み

Hondaは2009年6月より,⁠インサイト」に搭載されているエコアシストとインターナビの通信機能を活用して,エコグランプリというウェブサイトを始めています。

図8 燃費ランキング情報が表示される『エコグランプリ』

燃費ランキング情報が表示される『エコグランプリ』

⁠エコグランプリ』では,全国を走る「インサイト」の燃費情報を収集して,燃費の良さをランキング形式で発表することで,オーナーの低燃費運転技術の向上を競います。さらに無料会員制のインターナビ・プレミアムクラブのウェブサイトでは,低燃費運転の上達を確認できるようになっています。

すでにHondaは「Honda Green Machine(ホンダ・グリーン・マシーン⁠⁠」という環境に配慮した商品の広告メッセージを打ち出していますが,⁠インサイト」の製造・販売だけでなく,ドライバーの低燃費運転技術の向上を支援することで,車のオーナーたちとともに,地球環境にやさしいクルマ社会を作り上げようとしています。

⁠商品を売るだけでなく,環境へも配慮する⁠という企業の姿勢が当たり前となってきたこの時代に,ユーザーと協力して未来を創ろうとする,Hondaの取り組みがどうなっていくのか。そして,他のメーカーはどのような形で環境への貢献を行うのか。自動車業界の今後の動きと合わせて,注意深く見守ってきたいと思います。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。