いま,見ておきたいウェブサイト

第25回 2010年特別編 2009年の特徴,2010年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

『SIGMA DP2 : Special Contents』

デジタルカメラSIGMA DP2のスペシャルサイト。写真を撮る人へのメッセージを含んだオープニングや製品に対する興味を増幅させてくれる文章など,ユーザーの内面に問い掛けるような情報の内容と,情報へと集中させる仕組みが見事です。

図21 SIGMA DP2のスペシャルサイト

図21 SIGMA DP2のスペシャルサイト

credit: Shinzo Graphica & Associates Inc.

『magicsocket ~ Adobe Flash development』

イタリアのインタラクティブエージェンシーmagicsocketのウェブサイト。ウェブサイト上のスロットレーシングのコースでレースを行うと,用意されたコンテンツのすべてを見てしまうという仕掛けが秀逸です。

図22 インタラクティブエージェンシーmagicsocketのウェブサイト

図22 インタラクティブエージェンシーmagicsocketのウェブサイト

『UNIQLO PARKA STYLE 1000 | TOKYO FASHION MAP』

2009年春にUNIQLOが展開するパーカを,1000のスタイリングで紹介するウェブサイト。東京のさまざまな場所で撮影された,ユニクロのパーカを手渡しでリレーしていくムービーについつい見入ってしまいます。

図23 UNIQLOのパーカを1000のスタイリングで紹介するウェブサイト

図23 UNIQLOのパーカを1000のスタイリングで紹介するウェブサイト

credit: Dentsu Inc., Bascule Inc., Dentsu Tec Inc., MONSTER☆ULTRA.Inc.

『Eternal moonwalk - A tribute to Michael Jackson.』

亡くなってから,わずか一週間後に公開されたMichael Jacksonをトリビュートしたウェブサイト。ムーンウォークの映像が,次々とつながりながら続いていきます。ローディング時のアニメーションも良いです。

図24 亡くなったMichael Jacksonをトリビュートしたウェブサイト

図24 亡くなったMichael Jacksonをトリビュートしたウェブサイト

credit: group94, Mortierbrigade

『The PUMA Index』

スポーツ用品企業PUMAによる株価指数を利用したウェブサイト。男女のモデルが株価指数の上昇で服を着込み,下降で脱いでいくという単純な仕組みですが,毎日変動のある株価指数でコンテンツを変化させ,ユーザーをウェブサイトに誘導しています。

図25 株価指数を利用したPUMAのウェブサイト

図25 株価指数を利用したPUMAのウェブサイト

credit: Droga5

『HBO Imagine』

アメリカの放送局HBOによるインタラクティブキャンペーンのウェブサイト。画面中央に浮かぶ立方体の4面で,映像による2つの物語が進行します。ウェブサイトだけでなく,屋外のインスタレーション作品として公開された点も興味深いです。

図26 HBOによるインタラクティブキャンペーンのウェブサイト

図26 HBOによるインタラクティブキャンペーンのウェブサイト

credit: BBDO New York, The Barbarian Group

『Honda | エコグランプリ | Formula E』

Hondaの自動車「インサイト」に搭載されているエコアシストをフィーチャーしたレースゲーム。車のレースゲームであるにもかかわらず,燃費効率や実際の交通規則に基づいた行動が要求されるというルールがおもしろいです。

図27 ⁠インサイト」のエコアシストをフィーチャーしたレースゲーム

図27 「インサイト」のエコアシストをフィーチャーしたレースゲーム

credit: 1-10design, Inc.

『Wonderwall』

インテリアデザイナーの片山正通さんのオフィス「Wonderwall」のウェブサイト。垂れ幕のような形で次々と画面に表示される,各プロジェクトのサムネールの"ぐにゃり"とした変化が実に面白いです。インパクトのあるインターフェースですが,ウェブサイトに良くなじんでいます。

図28 片山正通さんのオフィス「Wonderwall」のウェブサイト

図28 片山正通さんのオフィス「Wonderwall」のウェブサイト

credit: tha ltd.

『BooneOakley.com - Home Page』

YouTubeを徹底的に利用して作られた,アメリカの広告代理店BooneOakleyのウェブサイト。YouTubeのアノテーション機能を利用することで,動画をウェブサイトのコンテンツ代わりにしています。突き抜けたアイデアが素晴らしいです。

図29 広告代理店BooneOakleyのウェブサイト

図29 広告代理店BooneOakleyのウェブサイト

『Labuat』

スペインのミュージシャンVirginia Maestroのプロジェクト,Labuatの曲「Soy tu aire」のプロモーションサイト。再生される音楽に合わせてマウスを動かすと,さまざまなグラフィックが出現します。聴覚,視覚,触覚などの複数の感覚を利用することで,ユーザーの記憶に曲の印象を強く刻むことに成功しています。

図30 Labuatの曲「Soy tu aire」のプロモーションサイト

図30 Labuatの曲「Soy tu aire」のプロモーションサイト

credit: Herraiz Soto & Co., badabing!, ZUMBAKAMERA

『全日本バーベイタム選手権 | Verbatim Championship』

三菱化学メディア株式会社のグローバルブランド,Verbatimの日本上陸記念コンテンツ。3Dの対戦ゲームを進めるうちに,無意識にブランド名の正しい読み方を覚えてしまいます。なめらかで軽快な動きが感動的なゲーム自体の出来も文句なしの出来です。

図31 三菱化学メディア株式会社のVerbatimの日本上陸記念コンテンツ

図31 三菱化学メディア株式会社のVerbatimの日本上陸記念コンテンツ

credit: ROXIK, IMG SRC, Kaibutsu

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。