いま,見ておきたいウェブサイト

第150回 Steemit、pixiv Sketch、24 SÈVRES

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

誰もが欲しがるブランド揃えました

24 SÈVRES | Mode Femme luxe et tendance: vêtements, sacs et chaussures

2017年6月6日,⁠LVMH(Moët Hennessy Louis Vuitton⁠⁠」が開始した新しいECサイト『24 SÈVRES』です。

図5 Le Bon MarchéのECサイトとして展開される『24 SÈVRES』

図5 Le Bon MarchéのECサイトとして展開される『24 SÈVRES』

『24 SÈVRES』はLVMHグループの傘下にある,フランス・パリの高級百貨店「Le Bon Marché(ル・ボン・マルシェ⁠⁠」のECサイトとして展開されます。⁠LVMH」が所有するブランドを含む,150以上のブランドのファッションアイテムなどを扱い,世界70カ国以上で利用可能となっています。

図6 ⁠24 SÈVRES』「LVMH」の所有するブランド以外の商品も取り揃えている。画像はフランスの有名なファッションブランドChloéクロエの商品ページ

図6 『24 SÈVRES』は「LVMH」の所有するブランド以外の商品も取り揃えている。画像はフランスの有名なファッションブランドChloéクロエの商品ページ

消費活動の変化に対応するECサイトが主流に

『24 SÈVRES』「LVMH」が,2015年1月からオープンまでに30ヶ月を費やし,その投資金額は数百万ユーロ,日本円で数億円規模と言われているデジタル事業ですが,これ以外にもデジタル事業への投資を進めています。

図7 高級ワイン・スピリッツを軸に商品だけでなくパーティや旅行プランなどを提供する『Clos19』

図7 高級ワイン・スピリッツを軸に商品だけでなくパーティや旅行プランなどを提供する『Clos19』

『Clos19』は,LVMHグループの所有する,高級ワイン・スピリッツを中心に展開するECサイトです。イギリス・ロンドンを拠点に「Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン⁠⁠Dom Pérignon(ドン・ペリニヨン⁠⁠」といった高級品を取り扱っています。また⁠別格の体験⁠として,プライベートディナーパーティーや,ラグジュアリーな旅行プランなども提供されています。

「LVMH」は,デジタルでも体験中心のプレミアム路線を軸に,事業を進めています。富裕層が製品から経験への支出に移行してきていることから,今後はデジタル事業である『24 SÈVRES』にも,⁠LVMH」の持つメガブランド「Louis Vuitton」⁠Dior」の商品が投入されることでしょう。

Amazonの新しいサービス「Prime Wardrobe」を説明した動画

「LVMH」とは対象的に,実店舗での販売を行わない「Amazon」も,自社のECサイトである「Amazon.com」でアパレルや衣料品などを扱っています。先日,自宅で気軽に商品を試して購入できる新サービス「Prime Wardrobe」を発表しました。ユーザーは,購入したい複数のファッションアイテムが入った箱を受け取って試着を行います。まとめて購入すれば最大20%の割引が適用され,購入しない商品は送られてきた箱に入れて返送できます。もちろんAmazonプライム会員は追加料金なしでサービスを利用できます。

「Amazon」はユーザーの利便性を高めることで,自社のECサイトを強化しています。百貨店の外商員から商品を購入するような「Prime Wardrobe」の追加だけでなく,⁠Amazon.com」の販売網を活かして,最近ではスポーツ用品大手である「Nike」の商品を直販できるようにするなど,知名度のあるブランドの獲得にも力を入れています。

こうした「LVMH」「Amazon」の路線の違いは,実店舗の所有や対象となる顧客,保持するブランドなどの影響を大きく受けていると思われます。実店舗での販売が伸び悩み,人々の消費対象が物品から旅行やレストランといった体験,いわゆる「コト消費」へと移りつつあるこの時代に,どのような形で物を売っていくのが最適解なのか,試行錯誤しながら変化する小売業の動きに注目していきたいと思います。

というわけで,今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。