いま,見ておきたいウェブサイト

第152回 株式会社scouty,Coinhive,NBA Jerseys featuring NikeConnect.

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ジャージーから見える,新しい世界

NBA Jerseys featuring NikeConnect. Nike.com

Nikeから9月15日に発表された,自分の応援するチームやプレイヤーに関するさまざまなコンテンツへのアクセスが可能になる新しいジャージー,⁠Nike NBA Connected Jersey」を紹介するプロモーションサイト『NBA Jerseys featuring NikeConnect.』です。

図4 ジャージーから特別なコンテンツへとアクセスできる「Nike NBA Connected Jersey」を紹介する『NBA Jerseys featuring NikeConnect.』

図4 ジャージーから特別なコンテンツへとアクセスできる「Nike NBA Connected Jersey」を紹介する『NBA Jerseys featuring NikeConnect.』

「Nike NBA Connected Jersey」には,ジャージーの下部にあるNBAタグに,近距離無線通信が可能なNFCチップが内蔵されています。Nikeが提供するアプリ「NikeConnect」を起動したスマートフォンでタグの部分にタップすると,着用しているジャージーのチーム情報や試合のハイライト,各プレイヤーのお気に入りのSpotifyのプレイリストなど,特別なコンテンツへとアクセスできる仕組みです。

図5 ⁠Nike NBA Connected Jersey」からは,さまざまな特別コンテンツへとアクセスできる

図5 「Nike NBA Connected Jersey」からは,さまざまな特別コンテンツへとアクセスできる

コンテンツにアクセスするためのアプリ「NikeConnect」とジャージーは,9月29日からオンラインで提供(日本は10月18日から)されます。

“物質的なモノ”は,再び価値を持つか

ゲーム機や携帯電話,デジタルカメラや携帯音楽プレーヤーなど,1990〜2000年代には数多くの電子機器が登場しました。こうした製品の多くは,部品の小型化やインターネットによるサービスのデジタル化が進んだことで,今ではたった一台のスマートフォンに機能として集約されています。

サービスのデジタル化は,所持する空間が不必要,機能の追加が可能,アップデートされれば常に最新の状態で利用できるなどの利点があります。映画はストリーミング配信で,音楽ファイルはダウンロードで,雑誌やコミックは電子書籍で…同様のサービスが受けられるのであれば,物理的なモノを所持するための明確な理由が必要になる時代です。

日本の国土の広さや居住環境からは,空間を有効活用する片づけ方法や「ミニマリスト」のようなライフスタイルが登場し,⁠物質的なモノをなるべく所持しない⁠という考え方も一般にじわじわと浸透してきました。

物理的なモノは,場所を占有します。デジタル化されたサービスのように,機能の追加やアップデートがされることは決してありません。その反面,触り心地や重み,匂いといった,デジタルでは決して味わえない,人間の感覚器を刺激する要素を持っています。

NBA Jerseys featuring NikeConnect.の概要を説明した動画

「Nike NBA Connected Jersey」は,物理的なモノの特長はそのままに,デジタルの機能を追加しています。着用したジャージーから感じる心地よい触感に加え,競技場で好きなチームを応援している時など,最適なタイミングで特別なコンテンツを発信することで,単なるモノ以上の価値をユーザーに提供できます。

物理的なモノにはない新しい価値をユーザーに提供できるのであれば,⁠デジタル」「モノ」かという選択肢は大きく変わります。お互いの長所を生かした「デジタルの利点を持つモノ」を選択するユーザーの行動が,これから大きな流れとなっていくかもしれません。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。