新春特別企画

2016年のウェブブラウザ拡張機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

EdgeがWebExtensionsをサポートする可能性

Firefox Developers Conference 2015 in Tokyoの講演の中で,筆者はEdgeがChromeやFirefoxと同じ仕様を採用することへの言及を避けました。EdgeがどのようなAPIを提供するのか,公式には何も情報が出ていなかったからです。しかし,その講演の質疑応答にて,⁠EdgeがChromeやFirefoxと互換性のあるAPIを提供する方向で開発が進んでいる」という言及が,Microsoft社の関係者からありました。

また,うっかりEdgeの拡張機能に関するウェブページが公開状態になってしまっていたのを見つけた人がいました。元のウェブページは既に閲覧することができなくなっていますが,2015年12月10日に発見された際のTwitterの投稿はまだ残っています。公開状態になっていたウェブページではAPI Referenceなども含まれていたらしく,発見者は「Chrome拡張機能やFirefoxのWebExtensionsと似たような仕様だった」という感想を残しています。

図14 発見した人のTwitterでの投稿

画像

そして,2015年12月11日には,ChromeやFirefoxで既にリリースされているAdblock Plusという拡張機能がEdgeにも対応することが表明されました。

図15 Adblock Plus for Edge

画像

このような状況証拠(?)から,Edgeに関してもChrome拡張機能やWebExtensionsと同等の仕様で拡張機能が開発できるようになる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

2016年は真の意味で「拡張機能元年」になる

2015年のFirefoxおよびEdgeの動向から見て,今年はOperaも含めて「主要ウェブブラウザの拡張機能はほとんど同じ仕様で統一される」という状況になると言い切って良さそうです。

今まではウェブブラウザ間の拡張機能の互換性は皆無だったため,拡張機能の開発はどうしても各ウェブブラウザの世界観で閉じたもの,つまり完全に分断されていた状態でした。しかし,今年からは「低コストでいろいろなウェブブラウザに同一の拡張機能を公開できる」ようになります。これはまさに,⁠拡張機能元年が来た」と言って良いと思います。拡張機能のエコシステムが一気に大きなものになりますので,拡張機能を開発する人々が今までよりももっと取り上げられる機会が増えるのではないか,と思います。

既にChrome向けの拡張機能を作って公開している方であれば,すぐにFirefox向けに動作確認を開始すべきです。また,Firefox向けに今まで作ってきた方であれば,WebExtensions仕様に従って移植を行い,Chromeでも動作するように対応すべきです。そして,一度も拡張機能を作った経験のない方であれば,HTMLやJavaScriptといった比較的手軽な技術で開発できますので,ぜひ何でも良いので開発を始めてみてください。

「今から勉強するのは嫌だよ,他にもやることいっぱいあるのに!」と思ってしまった方は,その重い腰を上げる良い方法があります。以下の手順でChrome拡張機能の雛形を簡単に得ることができます。

…node.jsのインストール
# npm -g install yo
# npm -g install generator-chrome-extension

$ mkdir my_extension
$ cd my_extension
$ yo chrome-extension
...質問に答えていく

Chromeの拡張機能の管理ページ「chrome://extensions」を開いて,デベロッパーモードにチェックを入れます。そして,⁠パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」ボタンを押して先ほど出力されたappディレクトリを指定すれば,拡張機能がChrome上で動き始めます。あとは思いついたアイディアを加えていけば良いです。

図16 Chromeに登録されたmy_extension拡張機能

画像

拡張機能は,その性質上,作りこみ過ぎるのは悪いことです。シンプルであればあるほど,ユーザに喜ばれます。つまり,アイディア勝負の世界ですので,特にFirefoxやEdgeでも公開することを前提にして,ぜひ今年からChrome拡張機能の開発を初めてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

田中洋一郎(たなかよういちろう)

Google Developer Expert(Chrome担当)。Mash up Award 3rd 3部門同時受賞。『開発者のためのChromeガイドブック(Google Expert Series)』を出版。

Blog:https://www.eisbahn.jp/yoichiro
Twitter:@yoichiro