ゼロから学ぶOAuth

第4回 OAuth Service Providerの実装

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

OAuth Consumerからアクセスする

前回までで実装したConsumerから,今回実装したService Provider(もしくはService Provider Sampleにアクセスしてみましょう。

Service Providerを起動し,http://localhost:3001にアクセスしてください。

cd oauth_sample/oauth_service_provider
./script/server -p 3001

ログイン(任意のユーザ名を入力)して,"Register your application"というリンクからOAuth Consumerを登録します。

図2 OAuth Consumerの登録

図2 OAuth Consumerの登録

Application URLとCallbackは,ひとまず以下のようにしてください。

Application URL : http://localhost:3000
Callback URL : http://localhost:3000/my_sample/callback

次に得られたConsumer KeyとConsumer SecretをConsumer Sampleアプリケーションに登録します。まずはOAuth Consumer Sampleのconfig/service_provider.ymlに今回実装したService Providerを追加し,起動してください。

Service Providerの追加

my_sample:
  name: my sample
  site: http://localhost:3001
  request_token_url: http://localhost:3001/oauth/request_token
  authorize_url: http://localhost:3001/oauth/authorize
  access_token_url: http://localhost:3001/oauth/access_token

起動

cd oautht_sample/oauth_consumer
./script/server

Consumer SampleにログインしてConsumer KeyとConsumer Secretを入力し,Service Providerを登録します。

図3 Service Provider

図3 Service Provider

最後に⁠new access token⁠のリンクからmy_sampleの⁠establish⁠ボタンをクリックすれば,Access Tokenの取得が行えます。

図4 Access Tokenの取得

図4 Access Tokenの取得

著者プロフィール

真武信和(またけのぶかず)

Cerego Japan Inc.で働くWebエンジニア。

smart.fmで外部APIとの連携機能(OAuth Consumer)の開発に携わるほか、smart.fm API(OAuth Service Provider)の開発にも携わっている。

URL:
http://matake.jp/
http://smart.fm/users/matake