初心者でもできる! 7日間で作るUnityゲーム開発

Day4:タイムトライアル機能を追加する!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ラベルの表示スタイルを設定する

続いて,Unityに戻ってHierarchyのGameControlをクリックします。Inspectorの「GameControl (Script)」「Style」ー「Normal」ー「BackGround」の横の丸いアイコンをクリックします図1⁠。

図1

図1

Select Texture2Dダイアログが表示されるので,一番上の左から2番目の「body normal」をダブルクリックします図2⁠。

図2

図2

これはラベルの背景に使う画像を指定です。薄い色の背景画像を指定することで文字を読みやすくしています。

続いて,⁠Background」の下にある「Text Color」の横のカラーボックスをクリックします図3⁠。

図3

図3

Colorダイアログが表示されるので,⁠Colors」の左上端の白い部分をクリックして色を変更して×ボタンでダイアログを閉じます図4⁠。

図4

図4

これでラベルの文字が白くなります。

続いて「Style」ー「Font」の丸いアイコンをクリックします。

図5

図5

Select Fontダイアログが表示されるので,⁠Arial」をダブルクリックします。

図6

図6

これでラベルのフォントが設定されました。

続いて「Font」の下にある「Font Size」「30」を入力します。

図7

図7

これでラベルのフォントサイズが30となります。

続いて「GameControl (Script)」「End Msg Rect」もStyleと同様に指定します。End Msg Rectはゲームクリア時に表示される「Game Clear!!」と表示されるラベルの表示スタイルです。⁠Text Color」で白以外の好きな色を選んでください。⁠Font Size」「60」を入力してください。それ以外はStyleで指定したのと同様にしてください。

以上で終了です。ゲームを実行してみましょう!ラベルやボタンが表示されるようになったことを確認してください。

図8

図8

図9

図9 ゲームクリア時の画面

いかがだったでしょうか? 時間を競うという要素が加わったのでゲームとしての面白さが出てきたかと思います。速いタイムでクリアできるようチャレンジしてみてください。


次回はプロ生ちゃんの音声を追加してゲームに華やかさを加えていきたいと思います。プロ生ちゃんの音声は声優の上坂すみれさんが担当されています。プロの声優さんの音声を加えることでゲームの雰囲気がぐっと華やかになります。お楽しみに!

著者プロフィール

やまろう

フリーランスITエンジニア。

業務系SIerに10数年勤務後独立。現在はUnityでスマートフォンのネイティブゲーム開発に従事。仕事の傍ら,個人でフリーゲームを開発している。

URL: http://mikumikuplay.com/

ニコニコ生放送にてプログラミングに関する生放送を配信中。
http://com.nicovideo.jp/community/co2268886