小飼弾のアルファギークに逢いたい♥

#11 Twitter Evan Williams

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Twitterのコードは引退したけど

弾:で,もうコードは書いていないと。

Evan:ノー注3⁠,もう書いてません。Twitterには,エンジニアとしては関わっていません。指針は示したけど,コードを書いているのは猫,じゃなくて人ですが注4⁠,その中に私はいません。

弾:じゃあ何をしてるの?

Evan:共同設立者で会長。運営にはタッチしていない。Twitterには雇用されてませんwww

弾:www

Evan:キツい仕事は猫任せ。僕,イタダく人,キミたち,作る人。

弾:(笑)

Evan:がやっているのは戦略と経営。Jack DorseyがCEOでもう1人の設立者で,彼と話をするのが私のTwitterにおける一番の仕事。

弾:じゃあコードはまったく書いてないの?

Evan:Twitter以外では書いてる。主に実験的なこと。実は2つあって,うち1つはまだプロトタイプ段階で,関わっているのは自分だけ。もう1つはナイショ。

Googleとの遭遇

弾:Timとのインタビューで,ネブラスカ出身で大学ドロップアウトをして,Bloggerを作ったらそれがGoogleに買われて,そこで2年過ごしたということを話してたけど。

Evan:2年弱かな。20ヵ月ってとこ。

弾:Googleの1%(従業員数的に⁠⁠。

Evan:それより少なかったかな。我々が6人で,それ以外が800人。私が辞めるときにBloggerに関わっていたのが,20人ぐらい。

Rubyとの遭遇

弾:で,そのときはRubyは…。

Evan:知らなくて,知ったのは辞めた後。

弾:Googleにいるときは…。

Evan:まるで使われていない,というわけではないけど,社内の選択肢にRubyはなかったので。友だちが勧めてくれて使い始めた。Ruby on Rails(RoR)はまだ出たばかりだったかな。2004年ころだったかな。

弾:そうそう。DHHにはインタビューした。

Evan:それはすごい。Googleの連中もRoRは注目していた。実地で使うにはまだ仕様が固まってなかったけど。

弾:TwitterはRoRのサイトとしては圧倒的に最大級なのだけど,スケーラビリティに不安は?

Evan:あったけどなんとかした(笑⁠⁠。スケーリングにあたっては,キャッシュを多用している。でもトリッキーでもある。Twitterはリアルタイム性にこだわっているので,常にアップデートされているデータをキャッシュするには独特の難しさがある。

Web 2.0 EXPO TokyoのキーノートでTim O'ReillyとやりとりするEvan

Web 2.0 EXPO TokyoのキーノートでTim O'ReillyとやりとりするEvan

Twitter活用術

弾:技術的以外な側面で,Twitterの難しい点は? たとえば私には現在注5997人のFollowersがいるのだけど,多過ぎてどう管理してよいのやら途方にくれてるんですけど。

Evan:www

弾:今のところ,ブログの更新を通知しているだけ注6⁠。もっと有効活用したいのですが。

Evan:まずはFollowersを絞ったほうが…。

弾:当初は私をfollowする人をすべてfollowしたのですが,このポリシーは48時間で破綻しました。で,実際に絞ろうとしたら,猫が出て来て「今はメンテ中」だと。で,面倒で。

Evan:放置と(笑⁠⁠。1つは,まめにFollowersを調整すること。もう1つは,API経由でアクセスすること,かな。API経由なら,少なくともブラウザの世話になることはないので。

弾:でも,そのAPIも結構不安定で。つーかAPIのほうが不安定だったような。

Evan:そう? でも安定性は個々のAPIによって違うと思うけど…。

弾:一番簡単な,メッセージ更新用のだけど。

Evan:うーん,たいていは,安定性はWebのそれと同じはずなのだけど,なんとも言えないなあ…善処します。

注3)
英語では否定形の質問の肯定は「ノー⁠⁠。
注4)
ちょっとだけ脚色シマシッター。
注5)
当時。
注6)
執筆現在,その役目ははてなハイクに引き継がれている。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

ブロガー/オープンソースプログラマー/投資家などなど。ディーエイエヌ(有)代表取締役。1999~2001年(株)オン・ザ・エッヂ(現(株)ライブドア)取締役最高技術責任者(CTO)。プログラミング言語Perlでは,標準添付最大のモジュールEncodeのメンテナンス担当。著書に『アルファギークに逢ってきた』(2008年5月,技術評論社)。ブログは『404 Blog Not Found』

URLhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/