継続は力なり―大器晩成エンジニアを目指して

第5回 勉強の勉強

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

順序

勉強の順序には依存関係がある。勉強は積み重ねや,事前知識があることで効率や理解度が上がる場合が多い。Android開発をやったことがあればiOS開発の勉強は効率良く進められるだろう。1つの関数型言語をマスターしていれば,別の関数型言語をマスターするのはたやすい。高校数学をやらずに機械学習をやるのは難しいかもしれない。勉強するテーマの依存関係を理解することが大事だ。

時間

勉強に使う時間はどうやって決めればよいだろうか。単純に楽しくてやっているならば好きなだけやればよい。そうでない場合は何らかの指標が必要だ。そこで出てくるのは,勉強は投資という考え方だ。作家の森博嗣先生は以前本の中で,⁠最も良い投資は勉強することだ」というようなこと言っていた。筆者も同感であり,少なからず先生の影響を受けている。つまり勉強は投資であるという見方もできるのだ。楽しく勉強する際は気にしなくてもよい。ただそういう考え方もできるということだ。

投資と考えれば,いかに少ない投資で多くのリターンを得るかという視点で物事を決められる。具体的に言えば,

  • おしゃれカフェで勉強するのはお金がもったいない。家でやるべきでは?
  • 3,000円の本で自分のペースで独学するか,日曜日を丸一日使って勉強会に参加して勉強するか?

というような問いかけに対して,⁠3時間集中して勉強してそれが将来につながるのであれば,カフェ代は安い投資である」といった「自分なりの」結論が出せるだろう。

関連して,時間は常に同質とは限らないことに注意しよう。朝起きてからまったく疲れていない状態での勉強,通勤中のほかに割り込みがない状況での勉強,仕事のあと疲れていて家でやる勉強。これらの勉強効率が違うことはみなさんも容易に想像が付くだろう。また週末勉強する人は続かない─⁠─データから見えた外国語学習に成功する人の3つの特徴という記事も興味深い。

テクニック

語学,数学などは人類がずっと勉強して取り組んできたものだ。過去無数の人たちが試行錯誤している。その先人たちの遺産を最大限に活用しよう。独自の勉強方法を発明するなとは言わないが,筆者だったら自分よりも賢い人たちが発見したより効率の良い方法で学習するほうを選ぶ。一方で自分に合った効率的な勉強方法を見つけることも大事である。おしゃれカフェで勉強するのがよいのか,家の中で半裸で勉強するほうが自分に合っているのかを追求してみよう。

勉強するテーマは日々変わっていく。ただ自分の学習を支える環境は大きく変わらないので,常に改善し続けよう。具体的はにツールやフレームワークだ。

  • 自分は紙を使って勉強するのが効率が良いだろうか。それともiPadのほうが良いだろうか
  • ストレスなく書けるペンを持っているだろうか
  • 絶対に誰にも割り込みされない勉強スペースや時間帯を確保できているだろうか
  • 困難な問題を乗り越えるための自分なりのやり方を持っているだろうか
  • 勉強の進捗を客観的に評価するしくみを持っているだろうか
  • プロダクティビティを上げる方法はないだろうか注1
注1)
本連載第4回プロダクティビティの鬼を参照してください。

まとめ

前号で紹介したプロダクティビティテクニックと,今回の1つ上のレイヤの勉強方法は,どちらも一度マスターすれば,そのあとの応用範囲が広く,効果が高い。日々の忙しさに追われて後回しになりがちなみなさんの勉強の一助となれば幸いである。

人から学ぶ

特定のトピックを学習するわけではなく,漠然と成長したいと考えているのであれば,メンタリングをするのがよいかもしれない。たとえば最近では学生のインターンを受け入れている会社が徐々に増えている。インターンのメンターに手を挙げてみてはどうだろうか。メンターは「めんどう」だと思うかもしれないが,だまされたと思ってぜひやってみてほしい。

メンタリングから学べることは想像以上に多い。相手から質問されることでたくさんの気付きがある。今まで「なんとなく」で済ませていた部分がクリアになり,それらを言語化することが要求される。その過程でとても成長できる。

WEB+DB PRESS

本誌最新号をチェック!
WEB+DB PRESS Vol.115

2020年2月22日発売
B5判/168ページ
定価(本体1,480円+税)
ISBN978-4-297-11187-8

  • 特集1 
    競技プログラミングの過去問で学ぶアルゴリズム
  • 特集2
    iOS 13徹底活用
  • 特集3
    小一時間でゲームを作る

著者プロフィール

ひげぽん(Taro Minowa)

Software Engineer.

Mona OS/Mosh Scheme

URL:http://www.monaos.org/
技術ネタ:http://d.hatena.ne.jp/higepon