きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第130回 見ちゃダメ!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

飲料メーカーのシステム開発に参加した時の話です。

私は経理システム開発チームでした。

ご存知のように,システムテストの初期のころは適当な内容でマスタを設定しています。販売系のシステムを開発していたチームの若手のSEが,冗談で商品マスタに,このメーカーのライバル会社の商品だけを設定してしまいました。開発メンバーはとにかくテストさえできたらいいので,そのまま使っていました。

残業の時間帯に,そもそも来るはずのない商品開発部の偉い人「面白そうだから,今度のシステムがどうなるのか見せて!!」と言って来てしまいました。

「見ていただけるレベルではないので……」と言っても,何にもできてませんとは言えず,画面を操作して見せちゃったようです。画面いっぱいにライバル会社の商品が広がってしまいました。

お客様は激怒し,販売系のシステムを開発していたチームのSEは出入り禁止となりました。とはいってもシステムの開発は止められないので,自社にこもってサポートしていたようです。

勝丸(男/61歳/経理/管理職)

これは…怖い!

出入り禁止とかほんとにあるんですね…と思いましたけど,よく考えたら私も1個目の会社辞めた時は即日クビになって出入り禁止措置をくらったんでした。リモートで(同僚に電話でお願いして)お客さんからの借用物とかいろいろ返却処理しましたよ。懐かしい!

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

投稿大募集

みなさんが仕事の現場で体験,または目撃した出くわしたトホホな失敗,思わずうなる珍プレーを投稿してください(500~600字程度)⁠採用された方にはQUOカード3000円分を差し上げます。応募はこちらのページから。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttps://oiio.jp/

Twitter@kitajirushi

コメント

コメントの記入