目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第4回 初めてのプログラミング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

プログラムの作成

それではプログラムを作っていきましょう。最初のプログラミングはInterface Builder上で行います。

アウトレットの作成

まずはアウトレットを作成します。このアプリでプログラムが必要としているパーツ内の情報は,ユーザが入力した金額と,ユーザが選択した割引率の2つです。さらに,それらをもとにプログラム内で計算した割引後の金額を画面に表示するため,プログラムから画面上にある結果を表示するためのパーツに割引後の金額を入れてあげる必要があります。つまり,情報を取り出す側と入れる側,合計3つのアウトレットが必要となります。

アウトレット,すなわちコンセントの穴はプログラムに設置し,そこにパーツをつなげると説明しました。さて,プログラムとはどこにあるのでしょうか?

File's Ownerはプログラムの実体を表すアイコン

File's Ownerはプログラムの実体を表すアイコン

実は,Interface Builderにプログラムの実体がアイコンで表示されています。パーツを配置した「View」のウインドウではない,もうひとつのウインドウを見てください。ここに「File's Owner」というアイコンがあります。これがプログラムの実体です。すなわち,このFile's Ownerにアウトレットを作成し,パーツを接続していきます。

File's Ownerを選択し,インスペクタの最も右にあるIdentityタブを選択します。インスペクタが表示されていない場合は,メニューの[Tools⁠⁠→⁠Inspector]を選択すると表示されます。

インスペクタの中ほどに「Class Outlets」という項目があります。ここにアウトレットの一覧が表示されますが,まだ何もありません。⁠+」が付いているアイコンを押して,アウトレットを追加してみましょう。

+ボタンでアウトレットを追加

+ボタンでアウトレットを追加

まず1回押すと「myOutlet1」というアウトレットが作成されました。この名前は好きなものに変えて構いません。そのアウトレットが何のために使われるものなのかを表すような名前にするとよいでしょう。まず1つ目のアウトレットではユーザが入力した割引前の金額を取り出すので,元値ということで「motone」という名前を付けておきます。

さらに2つ,アウトレットを追加しましょう。ひとつはユーザが選択した割引率を取り出すためのものなので「waribiki」としておきます。最後の1つは計算した結果をパーツに入れるためのものですので「kekka」としておきましょう。

名前を付けたアウトレット

名前を付けたアウトレット

これでプログラムに3つのアウトレットが作成されました。アウトレットに付けた名前と,それぞれを使ってやりとりする情報をまとめておきます。

  • motone:割引前の金額
  • waribiki:割引率
  • kekka:割引後の金額

アクションの作成

次はアクションです。アウトレットと同様,インスペクタで作成します。先ほどの Class Outlets の上にある「Class Actions」がそれです。

プログラムの動作は「割引後の金額を計算して表示する」の1つなので,アクションの数は1つです。Class Actionsにある+をクリックして,1つだけアクションを追加します。

+ボタンでアクションを追加

+ボタンでアクションを追加

「myAction1: 」というアクションが作成されました。アウトレットのときと違って,名前の後に「:」⁠コロン)が付いています。とりあえずこの名前は変更しないでおきましょう。もちろん,コロンも付けたままにしておいてください。

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790