目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第4回 初めてのプログラミング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

パーツへの接続

続いて,作成したアウトレットにパーツを接続します。File's Ownerを右クリックしてみてください。出てきたウインドウに,先ほど作成したアウトレットとアクションを見つけることができます。それ以外のものもありますが,ここでは先ほど追加した3つのアウトレットと1つのアクションに注目してください。

File's Ownerのアウトレットとアクション

File's Ownerのアウトレットとアクション

まずはアウトレットと各パーツを接続します。それぞれのアウトレット名の右側にある丸い部分(マウスカーソルを乗せると+に変わります)を,Viewウインドウの対応するパーツにむかってドラッグしてみてください。すると,丸い部分から線が伸びていき,接続するパーツのところで青い枠が表示されます。

アウトレットにパーツを接続する

アウトレットにパーツを接続する

パーツの上でドラッグを離すと,アウトレットにパーツが接続され,アウトレットの名前の右側に接続されたパーツの名前が表示されます。こうして3つのパーツをそれぞれの対応するアウトレットに接続していきましょう。接続を間違えた場合は,接続先が表示されている部分にある×を押して接続を解除することができます。1つのアウトレットに複数のパーツをつないでしまった場合も,×を押して接続を解除してください。

アクションの設定もここで行います。どのパーツのどのようなきっかけに対して,アクションを起こすかを設定します。アウトレットの接続と同様,⁠myAction1: 」の右にある丸い部分を,アクションを起こすきっかけとしたいパーツに向かってドラッグして下さい。ここでは,セグメンテッドコントロールに向かって線をひっぱります。

アクションにパーツを接続する

アクションにパーツを接続する

パーツの上でドラッグを離すと,アクションを起こすきっかけを選ぶことができます。ここでは「割引率を変更する」をきっかけとしたいので,一覧の中から「Value Changed」⁠値が変わった)を選択します。

アクションを起こすきっかけを選択する

アクションを起こすきっかけを選択する

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790