ついにベールを脱いだJavaFX

第4回 シェイプで遊ぶ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

円,四角,文字…シェイプ

プロジェクトの生成

今回取りあげるのは,円や四角などを描画する機能です。円や四角などは⁠シェイプ⁠と呼ばれ,すべてjavafx.scene.shape.Shapeクラスのサブクラスとして定義されています。シェイプとして提供されている主なクラスを次に示します。

  • Arc 円弧,扇形
  • Circle 円
  • CubicCurve 3次パラメトリック曲線(ベジェ曲線)
  • Ellipse 楕円
  • Line 直線
  • Path 直線,曲線からなるパス
  • Polygon 多角形
  • PolyLine 複数の直線
  • QuadCurve 2次パラメトリック曲線(スプライン曲線)
  • Rectangle 四角形/角丸四角

ここでは,Circleクラスを使って円を描画してみましょう。

  • サンプルコードはこちらからダウンロードしてください:circlesample.zip

では,まずプロジェクトを作成します。先ほどと同じように,NetBeansのメニューバーから[ファイル]を選択し,⁠新規プロジェクト]をクリックします。今回は,プロジェクトのカテゴリをJavaFX,プロジェクトをJavaFX Script Applicationを選択します図11⁠。

図11 プロジェクトの選択

図11 プロジェクトの選択

次にプロジェクト名などを選択する画面に移ります。ここでは,円を描画するサンプルなので,プロジェクト名はcirclesampleとしました。メインファイルは作成せずに,後から作成するようにしました。したがって,図12のように[Create Main File]のチェックは外しておきます。

図12 プロジェクトの設定

図12 プロジェクトの設定

作成したプロジェクトは空のプロジェクトです。そこで,まずスクリプトファイルを作成しましょう。図13に示したようにプロジェクトペインのcirclesampleプロジェクトを右クリックし,ポップアップメニューを表示させます。メニューの[新規]にはさまざまな種類の項目がリストアップされています。ここでは[Empty JavaFX File...]を選択します。

図13 JavaFX Scriptファイルの作成

図13 JavaFX Scriptファイルの作成

すると,スクリプトのファイル名などを設定するダイアログが表示されます図14⁠。ここではスクリプトのファイル名をcirclesampleにしました。最下部に表示されている警告はパッケージを設定していないためです。まぁ,ここではあまり気にしないでおきましょう。ファイル名を記入したら,⁠Finish]をクリックしてファイルを作成します。

図14 スクリプトファイル作成ダイアログ

図14 スクリプトファイル作成ダイアログ

著者プロフィール

櫻庭祐一(さくらばゆういち)

横河電機に勤務するかたわらJava in the Boxにて新しい技術を追い続けています。JavaOneは今年で11年目。名実共にJavaOneフリークと化しています。