OSSデータベース取り取り時報

第45回 OSSコンソーシアム 第3回データベース比較セミナー開催,MySQL 8.0.16でのCHECK制約追加,PostgreSQL関連ニュース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。2019年4月はOSSコンソーシアム主催の第3回データベース比較セミナーが開催されました。MySQL サーバー8.0.14と各製品のマイナーバージョンアップが行われました。PostgreSQLは関連ニュースを紹介します。

OSSコンソーシアム/第3回データベース比較セミナー開催報告

4月19日(金⁠⁠,OSSコンソーシアムのデータベース部会と分散コンピューティング部会の共催で,データベース比較セミナーを開催しました。

「データベース比較セミナー」は過去2回,特定のDBMSに偏らない内容のセミナーとして,データベース部会が開催してきました。また,分散コンピューティング部会リーダーのノーチラス・テクロノジーズがNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が採択した次世代の大規模分散OLTPを実現する国家プロジェクトに中心メンバーとして関与しています。これを受けて,⁠分散⁠⁠OLTP⁠をテーマとし,現在の技術がどこまで到達しているのかを識者に語ってもらう内容としました。この内容は,なによりも私たちコンソーシアムのメンバ自身が是非とも聞きたいテーマだったものなのです。

講演タイトルと講演者は次のとおりです。

  • [session 1]PostgreSQL vs 大規模OLTP ―SRA OSS 高塚遙 氏
  • [session 2]通信インフラや防衛システムを支える全ノードアクティブ型の分散データベース MySQL NDB Cluster ―日本オラクル 梶山隆輔 氏
  • [session 3]Cassandraにおけるトランザクションとは ―INTHEFOREST 冨田和孝 氏
  • [session 4]既存のTx(トランザクション)とこれからのTx ~ 次世代OLTPにおけるトランザクション処理の概要 ―ノーチラス・テクノロジーズ 神林飛志 氏

RDBMSからは,この取り取り時報でも定番のPostgreSQLとMySQL。NoSQLとしてCassandra。そして最大の目玉が前述の次世代OLTPです。誰が見ても高難度かつ高濃度の内容になることは明らかでしたが,キャンセル待ちを含めて160名ほどの方が関心を示され,約100名の方が出席されました。きっと「他では聞けない内容になる」と思っていただけたのでしょう。

各講演発表の内容については,OSSコンソーシアムの部会&セミナー情報のページでレポートします。また,各講演者の発表資料も可能な範囲で公開を調整中です。

「データベース比較セミナー」の各セッションの模様,高塚遙氏(左上⁠⁠,梶山隆輔氏(右上⁠⁠,冨田和孝氏(左下⁠⁠,神林飛志氏(右下)

「データベース比較セミナー」の各セッションの模様,高塚遙氏(左上),梶山隆輔氏(右上),冨田和孝氏(左下),神林飛志氏(右下)

[MySQL]2019年4月の主な出来事

2019年4月はMySQLサーバー8.0.16をはじめ,商用版およびコミュニティ版のほぼ全ての製品のマイナーバージョンアップが行われました。MySQL 5.7.26, 5.6.44もリリースされています。なおMySQL 5.5は2018年12月をもってExtendedサポート期間が終了しました。このため今後はごく一部の例外的な状況を除いて新規のマイナーバージョンは基本的にリリースされません。

4月に開催された主なイベントでは,4月17日にMySQL Technology Cafeの第3回としてMySQL Cluster に関するセミナーが行われ,電子マネー「BitCash」を運営するビットキャッシュ株式会社のMySQL NDB Cluster運用現場からの声をご紹介いただきました。また4月22日にはMySQLチームにて初となる仙台でのパフォーマンスチューニングセミナーも開催しました。

MySQL 8.0.16の新機能

MySQL 8.0.16の主な新機能は下記の通りです。

CHECK制約の追加
2004年に機能追加要望がバグデータベースに登録されたCHECK制約が15年の時を経て実装されました。
※バグレポート内の8.0.15は2月に緊急リリースされたものではなく8.0.16への記載修正漏れ
バージョンアップ時のメタデータの自動アップデートとmysql_upgradeコマンド非推奨
MySQL 8.0.15まではメジャーバージョン,マイナーバージョンを問わずにバージョンアップの際にはメタデータを最新化するためにmysql_upgradeコマンドを利用していました。MySQL 8.0.16からはMySQLサーバーが起動時にメタデータのバージョンを確認して自動的に更新するようになり,mysql_upgradeコマンドが不要となりました。
ユーザーアカウントに「カテゴリ」の考え方の追加とSYSTEM_USER権限
ユーザーの役割分担をより明確にするため,システムアカウントと一般アカウント(Regular Account)のカテゴリを概念として導入しました。基本的にSYSTEM_USER権限を持つユーザーアカウントがシステムアカウントとなります。システムユーザーアカウントの作成や削除,権限の付与や剥奪,ユーザーが利用する認証プラグインの変更,システムユーザーのクエリ停止や接続の切断などは,システムアカウントのユーザーのみが実行可能となります。
C APIでのノンブロッキング非同期処理関数追加
X DevAPIが利用するプロトコルX Protocolは当初から非同期処理をサポートしていますが,従来型のプロトコル(デフォルトでTCP/IPポート 3306を利用)で非同期処理を行う関数がC APIに追加されました。
DDLリライトプラグインの追加
ダンプされるDDLからENCRYPTION, DATA DIRECTORY, および INDEX DIRECTORYの各句を削除することで,透過的暗号化を利用していない環境やファイルパスにアクセスできない環境でのDDL実行が可能となります。
サイズの大きな一時表でメモリマップトファイルを利用可能に
MySQL 8.0.16から加わったパラメタtemptable_use_mmapを有効にしておくと,temptable_max_ramで設定した閾値(デフォルト1GB)を超えたサイズの一時表をディスク上に配置する際に,従来のInnoDBストレージエンジンではなくメモリマップトファイルを利用

なお同梱されるOpenSSLのライブラリの脆弱性対策のため1.0.2rにバージョンアップされています。このほかセキュリティやメモリリークに関するバグの修正も行われておりますので,MySQL 8.0をご利用中の方はバージョンアップをご検討ください。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。