OSSデータベース取り取り時報

第68回 OBCIの13年間に感謝,PostgreSQLで振り返るOSSの歴史,MySQL 41 SPEAKERS in 2021 プロジェクト

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

「OSS応援団体の役割とこれから」をオープンソースカンファレンス2021 Online/Springで開催

3月5日~6日にかけて,オープンソースカンファレンス(OSC)2021 Online/Springが開催されました開催レポート⁠。これまでもOSSコンソーシアムはオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)と一緒に共同企画をしてきましたが,今回も共同で企画トラックを実施しました。OBCIはOSSの普及と啓蒙を活動目標として2008年から13年間活動してきましたが,このたび解散することとなり,OSCへの参加も今回が最後となりました。

企画トラックは「OSS応援団体の役割とこれから」と銘打って,OSSコンソーシアムやOBCIだけではなく,OSS推進団体の在り方を考える機会にしたいと考えて企画したものです。

前半は,OSSコンソーシアムの7つの部会と支部が特徴ある活動を紹介。データベース部会ではこの連載記事の紹介を兼ねて,2020年のOSSデータベースのトピックスを発表しました。後半は,OBCIの最終講義と,OSS関連4団体の会長・理事長が初めて集いOSS推進団体の役割や課題について考える座談会を開きました。

OBCI最終講義では,OSCの人気セミナーである「OSS入門」の吉田行男さん(OBCI事務局長)と,日本のミスターOSS,石井達夫さんに講演をしていただきました。石井さんの講演については,次のPostgreSQLパートで紹介します。この企画トラックのスライド資料と動画はOSSコンソーシアムのWebサイトにまとめてあります

座談会「OSS応援団体の役割とこれから」実施中のZoom画面
上段左から,OBCI石井理事長,溝口(モデレータ),OSSコンソーシアム山崎会長
中段左から,OSSAJ橋本会長,JOPF黒坂理事長,OBCI吉田事務局長

座談会「OSS応援団体の役割とこれから」実施中のZoom画面/上段左から,OBCI石井理事長,溝口(モデレータ),OSSコンソーシアム山崎会長/中段左から,OSSAJ橋本会長,JOPF黒坂理事長,OBCI吉田事務局長

[PostgreSQL]2021年3月の主な出来事

3月はPostgreSQL本体や主要な製品のリリースはありませんでしたので,いくつかの話題を筆者の好みでアラカルト的に取り上げます。

OBCIの歩みとPostgreSQLで振り返るOSSの歴史

オープンソースカンファレンス(OSC)で実施したOBCI最終講義での,石井達夫さん(OBCI理事長)の講演発表です。PostgreSQLの歴史は35年前の1986年まで遡りますが,⁠PostgreSQL」という名称になってからでも24年。この中からOBCIが発足した2008年以降,つまりPostgreSQLとしては,つい最近の13年間の状況をふりかえっていただきましたが,ざっと箇条書きにしてみると次のようになります。

  • ソースコード行数は2倍強
  • CPUコア数に応じた性能向上
  • 組み込みレプリケーションが実現
  • パラレルクエリが実現
  • 大規模パーティショニングが実現
  • クラウドでのマネージドサービスの登場

石井さんの発表資料より抜粋

石井さんの発表資料より抜粋

ここからは筆者の私見ですが,これらを年表に照らして見てみると,おおむね2016年頃までに達成できています。つまり,PostgreSQLは大きな山を登り続けて,2016年頃に山頂に到達したとも言えそうです。それから現在でも毎年のメジャーバージョンアップで新機能が追加されていますが,安定性や使い勝手の良さの改善が目立つので,成長の時代から,足下を盤石にする時代になったと言うこともできそうです。

PostgreSQLに限らず以前よりは安定期に到達したと思える定番OSSはいろいろあります。石井さんの話にもありましたが,OSSが普通になったと喜べる面もありますが,クラウド事業者が勢力を拡大する中でOSSとの付き合い方が大きなターニングポイントに来ているのも事実であり,新しい戦略が必要な時代だという認識を持つ必要がありそうです。

PostgreSQLが“DBMS of the Year 2020”

1月に発表されていましたのでお知らせが遅くなりましたが,db-engines.comが選定するDBMS of the Year 2020にPostgreSQLが選ばれました。PostgreSQLは2017年,2018年にも2年連続で獲得しており,タイトルを3回獲得した初めてのDBMSになりました。なお,前回2019年のDBMS of the YearはMySQLでした。つまり,2017年からのトップはずっとOSSデータベースということになります。

EDB技術ブログに興味深い情報が多数

サポート付きのPostgreSQLや機能拡張版であるEDB Postgresを提供しているEDB(旧EnterpriseDB)の技術ブログが元気です。最近の記事から興味深いものをピックアップしてみます。

PostgreSQL用のRedHat EnterpriseLinuxのチューニング(3月12日)
PostgreSQLに精通しているのに加えて特定OSディストリビューションにも詳しいエンジニアというのは多くはいません。OS設定のどこをチューニングしたらいいのかを教えてくれる情報はありがたいものです。もちろん特定の事例が万能というわけでは無いので,各自のケースに適用する際には要注意です。
PostgreSQLのベンチマーク:予期しないボトルネックの克服(3月23日)
もうひとつ性能対策関連を紹介しましょう。TPM(毎分のトランザクション数)を単純に測るのでは無く,新規注文数を測ることで性能向上につなげた事例(体験談)です。性能対策では,みんな苦労の中で工夫しているということの表れでしょう。
kubectl用のCloud Native PostgreSQLプラグイン(3月3日)
Cloud Native PostgreSQLとは,EDBが提供するKubernetesオペレータおよびコンテナイメージです。EDBが力を入れていることを反映しているようで,Cloud Native PostgreSQL関連のブログ記事がいくつも投稿されています。
Ansibleで導入が簡単に(3月17日)
Ansibleを使った自動化ノウハウも繰り返し投稿されているテーマです。

PGCon 2021は5月にオンライン開催へ

PGConは,例年はカナダのオタワで開催されているPostgreSQLの年次世界大会と呼べるイベントです。昨年はコロナ禍の影響で開催直前になって通常開催を取りやめてオンラインに移行しました。今年もやはり通常開催は難しいので規模を縮小してオンライン開催となりました

“Con⁠ferenceですから,例年は事前に発表を募ってプログラムを組みますが,今年はアンカンファレンスのみとなる様です。ほとんどが技術トピックス(⁠⁠hacking topics⁠と書かれています)になり,発表者は当日に決定とのこと。⁠来年の2022年には通常開催に戻したい」という期待も表明されています。PGConに限らず,いろんなイベントが通常開催できるようになるのが待ち遠しいですね。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長兼データベース部会リーダ。他に,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラム(JOPF)にも参画。また,OSS推進活動の他に,日本のIT業界がDX(デジタルトランスフォーメーション)の波の藻屑とならないように,DX推進と変革に微力ながら勤しむ。