きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第7回 テスト実行

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

実行準備作業

まず,テスト実行のための準備作業をしていきます。

ビルドを登録

まずは,テスト対象の製品ビルドを登録します。テストを実行するためには,テスト対象を確定する必要があります。ソフトウェア開発のサイクルの中で製品のソースコードは徐々に変化していくため,どの段階でのテスト対象に対してテストを実行したのかという情報が,テスト結果の評価の際には重要となります。そこで,テスト対象にはビルド番号を振るなどして,どのビルドに対してテストを実行したのかを明確にするようにしましょう。

TestLink上にビルドを登録するには以下の作業をおこないます。まず,ホーム画面右側の「テスト計画の管理」のブロックから,⁠ビルドの管理]のリンクをたどります。ビルド管理画面で[新規作成]をクリックするとビルドの作成画面に移動します。その画面で,以下の項目を入力します。

タイトル:ビルドの名称を入力します。製品にビルド番号が振られている場合は,ビルド番号を入力すると良いでしょう。それ以外にも,ソースコードバージョン管理システムのタグの名称を入力すること等も考えられます。いずれにしろ,いつの状態の製品であるかを識別できる名称を入力します。

説明:ビルドの説明を入力します。
有効:このボックスがチェックされたビルドが利用可能となります。
  • テスト結果のレポートには,有効なビルドに対して行われたテスト結果のみが表示されます。
    オープン:このボックスがチェックされるとビルドに結果が登録できるようになります。
  • このボックスのチェックをはずすと,ビルドがクローズされて,テスト結果を登録できなくなります。
  • ただし,クローズされたビルドであっても,有効がチェックされていれば,テスト結果レポートには表示されます。

  • ビルドは,複数登録することができます。テスト計画内で,新たなビルドに対してテストを行う場合は,以前のビルドをクローズして,新たなテストに対して結果を登録する事になります。

    実行するテストケースを決定

    テスト実行のための準備として,そもそも,どのテストケースを実行するのかを決定する必要があります。前回もご説明したとおり,TestLinkではテスト仕様とテスト計画を別のコンポーネントとして分けています。そのため,テスト仕様の中にテストケースが書かれていても,それが実行されるかどうかはテスト計画次第ということになります。テスト仕様というテストデータベースにテストケースがためてあって,毎回のテスト計画で取り出すと考えるとイメージしやすいと思います。

    どのテストを実行するか決まったら,TestLink上にそれを反映させましょう。具体的には,⁠テストケースをテスト計画にアサインする」作業をおこないます。まず,ホーム画面右側の「テスト計画の内容」ブロックにある,⁠テストケースの追加]のリンクをたどります。表示されたツリーからテスト計画に追加したいテストケースが含まれているテストスイート名をクリックします。右側にテストケースの一覧が表示されますので,テスト計画に追加するテストケースをチェックし,⁠選択したテストケースを追加 / 削除]ボタンをクリックします。追加したテストケースの背景が黄色になれば成功です。

    なお,テストケースのテスト計画へのアサインは,leader もしくは admin の権限のあるユーザで行ってください。


    著者プロフィール

    TestLink日本語化部会

    ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。