きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第7回 テスト実行

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

担当者をアサイン

実行するテストケースが決定したら,次は担当者をアサインします。ホーム画面右側の「テスト計画の内容」ブロックから,⁠テスト実行のアサイン]のリンクをたどります。表示されたツリーから担当をアサインしたいテストケースが含まれているテストスイート名をクリックします。右側にテストケースの一覧が表示されますので,テストケースごとにアサインするユーザ名を選択します。

この時,⁠ユーザ一括アサイン」にユーザ名が入力された状態で,隣の[実行]ボタンをクリックすると,チェックを入れたテストケースに一括してユーザをアサインすることもできます。

なお,担当者のアサインは,テストケースのテスト計画へのアサインと同様,leaderもしくはadminの権限のあるユーザで行ってください。


テスト実行作業

ここまでで準備が完了しました。いよいよ,テストを実行していきましょう。

テスト対象を操作

テストケースに記載したステップを参照しながら,テスト対象を操作します。この時,後述の結果登録画面を見ながら,テスト対象を操作する方法もありますし,ホーム画面の[テスト計画の印刷]から「成功/失敗と備考を表示」をチェックして実行するテストケースを印刷することで,印刷物にメモを取りながらテストを実行し,後から一括してテスト結果を入力することもできます。

テスト結果を登録

テスト対象を操作した実際の結果と,テストケースに書かれた期待結果を比較して,テストの成功/失敗を判定します。その結果をTestLinkに登録していきます。

テスト結果を登録するには,以下の作業をおこないます。まず,ホーム画面右側の「テストの実行」ブロックから[テストの実行]のリンクをたどります。表示されたツリーから,実行したテストケースが含まれるテストスイート名をクリックします。すると,右側にテストケースとその結果の登録ボタンが表示されます。ここで,以下の3項目のいずれかを選択し,⁠実行を保存]ボタンをクリックすると,テスト結果を登録することができます。

成功:実際の操作結果が期待結果どおりだったことを表します。
失敗:期待結果どおりに動作しなかった,
  • もしくは予想外の副作用が発生したことなどを表します。
    ブロック:他のテストケースの失敗により,そのテストケースが実行できなかった(実行をブロックされた)ことを表します。
  • また,⁠備考 / 説明」の欄にメモを残すこともできますし,実行結果のキャプチャ画面などを添付ファイルとして保存することもできます。


    なお,テスト結果を表示する際に,ツリーの上方にあるフィルターを適用することで,特定のテストケースのみを表示させることができます。特に,複数のビルドがオープンされている場合は,結果を登録するビルドを選択してフィルターを適用してから,結果を登録するように注意してください。

    まとめ

    今回は,テストの実行および結果の登録について説明しました。最終回となる次回は,TestLink上でテスト結果の分析およびレポート作成を行っていく予定です。

    著者プロフィール

    TestLink日本語化部会

    ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。