使ってみよう! Windows Live SDK/API

第5回 Virtual Earth,VECollection and GeoRSS

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

GeoRSS

GeoRSSとはRSSフィードに位置情報を含めた簡単なデータ形式です。RSSという名前が付いていますがAtomフィードにも情報を含めることができます。最もシンプルなGeoRSS-Simpleと呼ばれる形式で1点の位置情報を表す場合は以下のタグをRSS1.0/2.0のitemタグの中,またはAtom1.0のentryタグの中に追加します。

<georss:point>43.062089 141.354507</georss:point>

また,georss:という接頭辞を使用するためにfeedやrssタグの属性にxmlns属性を追加しておく必要があります。

xmlns:georss="http://www.georss.org/georss"

Virtual Earth Map Controlは,このGeoRSSのインポートにも対応しています。次はこのGeoRSSのインポートをしてみましょう。GeoRSSを配信するサービス自体をWCFサービスとして作り,そのGeoRSSをインポートします。

WCF配信サービス

配信サービスの作成にはVisual Studio 2008を使用します。Visual Studio 2008にはWCFの配信サービスライブラリのテンプレートが用意されており,簡単にRSSおよびAtomを配信するサービスが作れます。新しいプロジェクトからVisual Basicの配信サービスライブラリを選択します図3⁠。

図3 WCF配信サービスライブラリ

図3 WCF配信サービスライブラリ

プロジェクトを作成した時点で,RSSおよびAtomを配信するサービスができています。実行するとWebブラウザが起動しサービスで作成されたフィードが確認できます図4⁠。起動した時点ではRSS2.0のフィードが配信されています。Atom1.0のフィードはアドレスの末尾に「?format=atom」を付けると取得できます。

図4 フィードの表示

図4 フィードの表示

作成されたプロジェクトにはWCFサービスのみ含まれています。そのためサービスを利用するためにはサービスをホストする必要があります。実行時にサービスが確認できたのはWCFサービスホスト(WcfSvcHost.exe)と呼ばれる自動的にサービスをホストするテスト用のプログラムも起動したためです。本記事ではサービスのホストについては説明しません。

プロジェクトにあるIFeed1.vbにサービス内容の定義が,Feed1.vbにその実装が記述されています。Feed1.vbの内容を変更してGeoRSSのサービスを作成します。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp