使ってみよう! Windows Live SDK/API

第30回 Bing Maps Silverlight Control SDK

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

地図の表示

さっそく,アプリケーションにコントロールを組み込み,地図を表示してみましょう。プロジェクトにあるMainPage.xamlをデザイナで表示し,次のように編集します。

<UserControl x:Class="BingMapsApp.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    xmlns:m="clr-namespace:Microsoft.Maps.MapControl;assembly=Microsoft.Maps.MapControl"
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400">
    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White">
        <m:Map x:Name="MyMap" />
    </Grid>
</UserControl>

追加したのは,xmlns:m……の名前空間の指定部分と<m:map>要素のみです。これで一応は地図が表示できる状態になっていますので,実行してみましょう。結果は図4のようになります。

図4 実行結果

図4 実行結果

少し操作すると,メッセージが表示されることがわかります。英文で書いてあるとおり,コントロールの利用には,開発者アカウントが必要です。次はこのアカウントの作成と,アプリケーションごとに必要なBing Maps Keyを取得します。

Bing Maps Keyの取得

Bing Maps Silverlight Controlの利用には,Bing Maps Keyを取得する必要があります。最初にBing Maps開発者用のアカウントを作成し,アプリケーション用にBing Maps Keyを取得します。

開発者アカウントの作成

アカウントの作成は,Bing Maps Account Centerで行います。Windows Live IDアカウントによるサインインも必要になります。⁠Create an account」から必要な項目を記入し,利用規約に同意後,⁠Create account」ボタンをクリックします図5⁠。必須項目はメールアドレスと,アカウント名(Account name)です。アカウント名には,アカウントを自分とマイクロソフトが識別するために わかりやすい適当な名前を入力します。

図5 開発者アカウントの作成

図5 開発者アカウントの作成

Bing Maps Keyの取得

続いてBing Maps Keyを取得します。⁠Create or view keys」から作成します図6⁠。アプリケーション名とアプリケーションを公開するアドレスを入力します。⁠Create key」ボタンをクリックすると,作成したKeyが表示されます。

図6 Bing Maps Keyの取得

図6 Bing Maps Keyの取得

Keyは少し長めの文字列です。これをコピーして使用します。また,このKeyは5個まで作成可能です。

Bing Maps Keyの設定

取得したKeyを先ほどのアプリケーションに設定して動作を確認します。XAMLを編集し,<m:Map>要素を次のように変更します。

<m:Map x:Name="MyMap" CredentialsProvider="取得したKey" />

再度実行すると,メッセージの表示が消えたでしょうか? 確認してみてください。

このKeyの設定により,コントロールがロードされたときセッションがカウントされます。ユーザーがWebサイトを訪れてコントロールをロードし,Webブラウザを閉じるか他のページに移動するまでが,1セッションです。一定の期間にコントロールを無償で利用できるセッション数は,利用規約により決められています。利用目的によってもその内容は異なりますので,ご自身で確認をお願いします。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp