使ってみよう! Windows Live SDK/API

第50回 SkyDrive API 概要(3)──メディアファイルのアクセス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

写真の表示

サムネイルやオリジナルの写真の表示は,Photoオブジェクトのimages配列の値が使えますが,次のURLにアクセスしても各サイズの写真を取得できます。

  • https://apis.live.net/v5.0/PHOTO_ID/picture?type=thumbnail&access_token=ACCESS_TOKEN

PHOTO_IDには,Photoオブジェクトのidの値を指定します。typeパラメーターには,thumbnailのほか,small,album,normal,fullを指定できます。

写真のアップロード

アップロード方法は,前回のファイルのアップロードと同等です。HTTP POSTまたはPUTメソッドで行います。詳しくは,前回の内容を参照してください。

APIでは,2048×2048ピクセルより大きい写真をアップロードした場合,2048ピクセルまで縮小されてSkyDriveに登録されます。ちなみに,SkyDriveのWebサイトでは図4のUIから縮小せずにアップロードできます。

図4 写真のアップロード

図4 写真のアップロード

ビデオ情報の取得

次はビデオファイルです。ビデオファイルは,再生時間やビットレートなどの情報を持っています。ひとつのビデオの情報は次のようなJSON形式で取得できます。

{
   "data": [
      {
         "id": "file.xxxxx", 
         "from": {
            "name": "梓 中野", 
            "id": "xxxxx"
         }, 
         "name": "azusa.mp4", 
         "description": null, 
         "parent_id": "folder.XXXXX", 
         "size": 5819660, 
         "comments_count": 0, 
         "comments_enabled": false, 
         "tags_count": 0, 
         "tags_enabled": true, 
         "picture": "http://storage.live.com/...", 
         "source": "http://storage.live.com/...", 
         "link": "https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid...", 
         "height": 360, 
         "width": 640, 
         "duration": 106138, 
         "bitrate": 310190, 
         "type": "video", 
         "created_time": "2012-02-09T15:11:00+0000", 
         "updated_time": "2012-02-09T15:12:00+0000"
      }
   ]
}

ビデオを表すVideoオブジェクトの内容は次の通りです。Fileオブジェクトにはない項目は太字にしています。

プロパティ 説明
data array Videoオブジェクトを含む配列(複数のアイテムを含む結果の場合)
id string VideoオブジェクトのID
from object 作成者の情報
name(fromオブジェクト) string 作成者の名前
id(fromオブジェクト) string 作成者のユーザーID
name string ビデオのファイル名(編集可能)
description string 説明(編集可能)
parent_id string このビデオ上位階層のリソースID(親フォルダーのID)
size number ビデオのサイズ(バイト単位)
comments_count number ビデオに付けられたコメント数
comments_enabled true/false ビデオにコメント可能かどうか
tags_count number ビデオに付けられたタグ数
tags_enabled true/false ビデオにタグ埋め込み可能かどうか
picture ビデオを表す画像(通常はサムネイル)のURL
source string ビデオのダウンロード用のURL(一時的なURLで使う場合は取得後すぐに参照します)
link string SkyDrive上でのビデオのURL
upload_location string アプリからビデオをアップロードするためのURL
Scope「wl.skydrive」が必要
duration number ビデオの再生時間(ミリ秒)
bitrate number ビットレート(bps)
type string オブジェクトの種類
ビデオの場合は,video
created_time string ビデオの作成日時(ISO 8601形式)
updated_time string ビデオの最終更新日時(ISO 8601形式)
shared_with object ビデオの共有情報
access(shared_withオブジェクト) string ビデオの共有情報
次の値のいずれか
  • People I selected
  • Just me
  • Everyone (public)
  • Friends
  • My friends and their friends
  • People with a link

Photoオブジェクトと同じく,埋め込み用のHTMLコードの取得可否を示すis_embeddableはVideoオブジェクトにはありません。SkyDriveのWebサイトでは埋め込みのHTMLコードの生成が可能です。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp