デベロッパー必見!WordPress開発 A to Z

第2回 WordPress用開発環境を整える(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Ubuntuの ISO イメージが正常に読み込まれるとこのような画面が表示されます。

Install to the hard disk をクリックしてUbuntuのインストールプログラムを開始しましょう。

画像

インストールプログラムで使用する言語を選択し,エンターキーを押して次に進みます。

画像

キーボードの種類を選択します。左上に全角/半角キーがあれば日本語キーボードです。そのままエンターキーを押して次に進みましょう。

画像

ホスト名を入力しますが,そのままエンターキーを押して次に進んでも問題ありません。ubuntuというホスト名を持つ端末がネットワーク内にいるような場合は別の名前をつけてください。

画像

先ほど仮想ディスク作成ウィザードで作成したハードディスクhdaにマウントされている事を確認してください。⁠ディスク全体を消去する⁠を選択したままエンターキーを押して次に進みます。

画像

パーティショナーが適当な設定でパーティショニングしてくれますので,そのまま⁠はい⁠を選択してエンターキーを押し,次に進みます。

画像

時刻の設定です。UTCではないので⁠いいえ⁠を選択してください。

画像

これから作成するユーザーアカウントの名前を入力します。お好きな名前を入力してエンターキーを押し,次に進みます。

画像

ユーザー名を入力します。こちらもお好きな名前を入力してエンターキーを押し,次に進みます。

画像

前のステップで入力したユーザーのパスワードを入力してエンターキーを押します。

画像

確認のため,同じパスワードを再度入力してエンターキーを押します。この項目でインストール前の設定はすべて完了です。エンターキーを入力するとインストールが開始します。

画像

インストールが完了した後,ISOイメージをアンマウントして仮想マシンを再起動すればインストール完了です。ISOイメージはメニューのデバイス→CD/DVD デバイスにあるチェックの入ったUbuntuのイメージをクリックすればアンマウントされます。

画像

次回は,SSHサーバのインストールについて解説します。

著者プロフィール

林亮(はやし りょう)

株式会社SPaiS代表取締役。

URLhttp://twitter.com/spais