書籍概要

坂田薫の スタンダード化学
− 理論化学編

著者
発売日
更新日

概要

スタディサプリなど,大手予備校で人気の化学講師,坂田薫先生のスタンダードレベル化学参考書がついに登場。
この「理論化学編」で化学の基礎をしっかりかためよう。

【本書の特徴】
  • エッセンスにしぼった,読みやすくわかりやすい解説!
  • 化学の考え方をきちんと理解したうえで,「POINT」はしっかり覚えよう。
  • 素朴な疑問は,本書のマスコット犬「きよし」と「ゆうこ」の会話を読めばすっきり解消。
  • 章末過去問を解けば,知識がきちんと身についたか確認できる,独習にうってつけの構成。

こんな方におすすめ

  • 化学を手際よく学びたい受験生

目次

第1章 物質の構成

第2章 物質量

第3章 結合と結晶

第4章 結晶格子

第5章 酸と塩基

第6章 酸化還元

第7章 電池と電気分解

第8章 熱化学

第9章 気体

第10章 反応速度と化学平衡

第11章 溶液

サポート

正誤表

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2022年11月1日最終更新)

第3刷

P.051 ページ中ほどの(ii)の式の下にある文言

『質量バーセント濃度』
『質量ーセント濃度』

P.125 一番下の式

…より r=(√2a)/4
…より 分子間距離2r=(√2a)/2

P.240 一番下のきよしのセリフ上

(※例が抜けている)
[例] 塩酸と水酸化ナトリウムの中和熱 56.5kJ/mol
HCl+NaOH=H_2O+NaCl+56.5kJ

P.265 上から3行目

…、恒温槽の温度27℃、…
…、恒温槽の温度77℃、…(※27℃だと室温とまぎらわしいため変更)

P.265 ページ中ほどのMの計算結果

=74.04 74
86.39 86(※恒温槽の温度設定にあわせて変更)

(以下2021年8月2日更新)

第2刷

P.023 下から1行目

~を元素記号の元素記号の右上に~
~を元素記号の右上に~

「元素記号の」が重複していました。

(以下2018年1月15日更新)

第2刷

P.017 下から2行目

原子核はいくつかの層に…
電子殻はいくつかの層に…

P.017 下の図

電子核
電子

(以下2017年8月24日更新)

第1刷

P.042 下から3つめのフキダシ

 …6.02×1021個…
 …6.02×1023個…

P.121 一番上のフキダシ中の式

 …0.695 < 0.41…
 …0.695 0.41…

P.154 「弱塩基WB由来の塩」の式

 …← →…
 …

注:不可逆反応。

P.317 8行目,10行目,下から2行目

 …0.5…
 …0.05

P.331 下から5行目

 …難容性…
 …難性…

P.347 3つめのフキダシ中,3行目

 …合体しての無極性…
 …合体して無極性…

注:「の」は不要。

P.353 一番下のグラフ

正しいグラフは以下の通りです。

正

注:赤い箇所は冷却時間の軸に対して水平が正しい。

P.354 POINTのグラフ

上記P.353のグラフと同様の修正が必要になります。

商品一覧