書籍概要

作って学べる開発入門

作って学べる Unity 超入門

著者
発売日
更新日

概要

「作って学べる」シリーズの一番やさしい入門書で,はじめてゲーム開発にチャレンジする方にオススメの1冊です。全4種類のサンプルゲームを作成しながら,楽しくUnityの使い方を学ぶことができます。C#の文法についても解説しているので,プログラミングの経験がない方でも安心して学習できるようになっています。

こんな方におすすめ

  • ゲーム開発にチャレンジしてみたい方

目次

Chapter1 Unityについて知ろう

  • 1-1 Unityとは
  • 1-2 ゲーム作りの基本を理解しよう
  • 1-3 開発環境を整えよう
  • 1-4 Unityの画面を確認しよう

Chapter2 玉転がしゲームをつくろう

  • 2-1 開発にとりかかろう
  • 2-2 床をつくろう
  • 2-3 壁をつくろう
  • 2-4 坂をつくろう
  • 2-5 玉をつくろう
  • 2-6 Main Cameraを調整しよう
  • 2-7 文字を追加しよう
  • 2-8 ライトを調整しよう

Chapter3 スクリプトの基本をマスターしよう

  • 3-1 スクリプトの基礎知識
  • 3-2 C#の基本をマスターしよう

Chapter4 ピンボールゲームをつくろう

  • 4-1 ピンボールの台をつくろう
  • 4-2 ボールをつくろう
  • 4-3 ピンを設置しよう
  • 4-4 ボールを動かしてみよう
  • 4-5 フリッパーをつくろう
  • 4-6 ゲームの調整をしよう

Chapter5 キャラクターゲームをつくろう

  • 5-1 ステージをつくろう
  • 5-2 地面に色を塗ろう
  • 5-3 山をつくろう
  • 5-4 キャラクターを配置しよう
  • 5-5 追従式カメラを追加しよう
  • 5-6 建物を追加しよう
  • 5-7 砂嵐を追加しよう
  • 5-8 ゲームの調整をしよう

Chapter6 シューティングゲームをつくろう

  • 6-1 スタート画面をつくろう
  • 6-2 ステージをつくろう
  • 6-3 障害物をつくろう
  • 6-4 ターゲットをつくろう
  • 6-5 ターゲットを動かそう
  • 6-6 弾をつくろう
  • 6-7 スコアを表示しよう
  • 6-8 弾数を表示しよう
  • 6-9 残り時間を表示しよう
  • 6-10 ゲーム終了処理をつくろう
  • 6-11 リザルト画面をつくろう
  • 6-12 タイトル画面から画面遷移させよう

サポート

ダウンロード

本書の解説中(Chapter 2/4/5/6)で作成するサンプルゲームのプロジェクトファイルをダウンロードできます。
データは圧縮ファイル形式ですので,ダウンロード後,適宜解凍してご利用ください。また,プロジェクトファイルの使用方法は,本書P.6をご確認ください。

ダウンロード
Samples.zip

P.106の4-5-1について

(2019年5月8日更新)

P.106の4-5-1について,「フリッパーの作成がうまくいかない」ケースが報告されております。同問題の対策として,フリッパー作成済のプロジェクトファイル(ch4_fixed.zip)を用意しました。下記よりダウンロードの上,ご利用ください。

ダウンロード
ch4_fixed.zip

正誤表

本書の内容に誤りおよび説明不足の点がありましたことをお詫びいたします。

(2019年5月8日更新)

P.12 Unity2018.3.0のインストール

本書掲載のインストール手順に沿うと,Unity2019がインストールされる可能性があります。本書の解説はUnity2019に対応しておりませんので,下記リンク先よりUnity2018.3.0をダウンロードしてください。

P.89 図4.12-②の囲み

Transform全体を変更箇所として囲んでおりますが,実際にはPositionのXのみの変更となります。

P.110 リスト5行目

public class NewBehaviourScript:MonoBehaviour


public class FlipperScript:MonoBehaviour

P.113 手順1

この手順は省略可能です。

P.174 6-6-3の前準備

6-6-3を読む前に,下記の方法でコンポーネントをSlimeGreenPrefabに追加してください。

  1. Assetsフォルダ上の[SlimeGreenPrefab]を選択し,[Open Prefab]を選択。
  2. [Add Component]→[Physics]→[Rigidbody]を選択。
  3. [Add Component]→[Physics]→[Mesh Collider]を選択。
  4. Mesh Colliderの[Mesh]に[SlimeLevel1]を設定。

P.183 6-7-2の前準備

6-7-2を読む前に,BulletAction.csの4行目に下記のコードを追加してください。


using UnityEngine.UI;

P.198 6-11-2の前準備

手順2に「先ほどResultPanelを宣言した直下で」と記載されていますが,「ResultPanelの宣言」についての説明は本書に掲載されておりません。6-11-2を読む前に,BulletScript.csの21行目に下記のコードを追加してください。


GameObject ResultPanel;

商品一覧