モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第27回 聴き手座談会(5)「あの人がいると会議が違う」と言われるには ~聴ける力量を磨くには~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「あの人がいると会議が違う」と言われる。[聴ける力量]を鍛えるには?

ワタ:ただ,⁠全員の立場になりきって発言を公平に聴いて理解する」なんて,正直,すっごいストレス溜まりそう。特に会社の会議といった人間関係が形成された中で,⁠全員になりきって公平に発言を理解する」なんて,可能なんだろうか。難しそう。でも試してみたいな。

タカ:やっぱり会議に出るなら,何かしら一つくらい意見を言おうと思うわけで,「人の意見を聴く」を元に「アウトプットする」という流れが,これからの会議には必要かなとは思いました。「〇〇さんがこう言ってたから,私はこう思います。あなたは,その隣の人はどう思いますか?」みたいな流れ。みんなが勝手にボーリング状態で話すのではなく,どうゴールにみんなで向かうかを,聴いているときも大事だよ」と。

ゆに:それが共通認識になっているといい。

画像

ワタ:今の会議には,そういう役の人のほうがずっと必要だと思う。名前だけ格好良く「会議のファシリテーター」が先行しているけど,そういうのじゃなくて,「あの人がいたら会議が違うようね」って言われる,そういう人になりたい

奥山:でも,自分が一参加者である会議で発言を公平に扱うには,それこそ「養成ギブス」なしにやるには,かなりの自己コントロールが必要だと思う。

ゆに:私,仕事ではこんなに聴いているくせに,家族の話を全然聞いてなくて,いつも叱られるんです。家でも絵筆を持っていたら,こんなにもめないのにって本当に思う。

全員:(爆笑)

ゆに:つい先日も母に「私が言ってるそばから言葉を被せて!」って叱られて。⁠あなた,そんな風に仕事でもしゃべってるの!」って。仕事では絵筆持って黙ってるから本当に良かったなって思った。こんな私でも会議に参加させてもらえる。

全員:(爆笑)

ゆに:"養成ギブス"として「議事録」はどうかなあ。よく新人に書かせるじゃない?

ワタ:今の議事録は,後で書いて出せばいいんだけど,「その場でアウトプットする」というのが "養成ギブス"になっているんだと思う。

ゆに:私たちが感じている切迫感?

ワタ:会議のその場でグラフィックフィードバックだし,通訳さんは同時だし,メディエーターさんは話を進行していく中でアウトプットしなければならない。今の議事録は1日か2日後に出しても問題ないし,分からなかったり,聞き逃したりしたところは他の会議出席者に後から聞くことができるから,切迫感は生まれないよね。

[直後にアウトプット]を前提に,[聴く]を鍛える

奥山:例えば新人さんに,会議の中身を,出席しなかった人に生き生き伝えなさいと言ったら,それはかなりのプレッシャーになるし,聴き方も違うかもしれない。

ゆに:私たちみたいに,「アウトプットを前提に聴く」ということですね。

田中:グラフィックの振り返りみたいに,その場で「たった今,私が取った記録はこうです」と言う機会があると,[聴く]がもっと違ってくるかも。

ワタ:そうそう,その時じゃないと。その振り返りの内容が,たとえ会議で発言した人の思いと違っていて,それを指摘されたとしても,⁠でもこう聴こえたんです!」って言えばいいと思う。

ゆに:会議の後に,新人が教育担当や上司に報告するのではダメ?

ワタ:それは甘いと思う。やっぱりその場で,言ったほうがいい。内輪にしてしまわないのがいい。

田中:新人だからこそ,⁠それ違うと私は思うよ」と皆が親心で言えるし。

タカ:空気感みたいなものもあるはずで。⁠きみ,そうじゃないよ」って言われたときに「いや,僕もそう思いましたよ」みたいな声が出てくるような。

ワタ:「じつは俺もそういう風に思ってたんだけど」と言って,他の参加者の間でもお互いの意識のずれがあったことが分かるというような効果もあるはず。

田中:10分でいいので。

ゆに:まさに私がやってるグラフィックフィードバックやダイアログと同じだ。

田中:そうそう(笑⁠⁠。

相手が「本当に聴いてほしいこと」を[聴ける力量]

ゆに:実はどの企業も,個人も,上司も部下も,みんな同じ気持ちを抱えてるんじゃないかなと思うんです。聴いてもらいたい人がいっぱい。そして聴いている人も,

田中:聴いてもらいたい。

ゆに:最近はダイアログが流行っているけれど,話す満足感は満たされている気がするけれど,みんなどこまで聴いてもらっているのかな。

田中:私自身,この座談会の場が,私にとってはすごく必要だった。本当に聴いてもらえたっていう感覚がある(笑⁠⁠。

ゆに:[本当に聴いてもらえる]関係が増えるといいのかも。上司だから聴く側,部下だから聴いてもらう側というのではなく。本当に聴いてほしいことって自分では本当に分からないから。そんな[聴ける力量]を磨いていった人が,新たなリーダーとして頭角を現してくるっていうのも,よくないですか。

ワタ:今日会議10人でやるとしたら,⁠本当に聴いてほしかったこと」を指摘した人が一番素敵,みたいな(笑⁠⁠。

田中:ビンゴ(笑)

ワタ:「そうそれ,ビンゴ」って言われた数が多い人が[聴く]の達人,とか。

ゆに:そんなふうに[聴き手]の面白さが注目された,お互いが分かり合える幸せがぐっと増える気がするんだよね。結果,無駄な会議も少なくなる。

[聴く]ことの面白さ=[話の流れを追う]ことの面白さ

ゆに:ただ,⁠聴けるようになれ」とは決して押し付けたくない気持ちがありませんか? 「そうはいっても聴けないんだよ,みんな」でいいんじゃないかと思っています。だって本当に[聴く]って大変だから。

田中:「聴けてない自分を感じようよ」でいいのかも。そうすれば自然となんとかしようと思う。自浄作用というのかな。そういうのって人間持っているんじゃないのかな。そのために「自分は聴けてないな」と感じることが大事な一歩。

奥山:聴くことの面白さと意味みたいなことを,もう少し宣伝してもいいのかなと思うときはあります。モヤモヤしたことでも,聴けて,分かったということが,結構面白いというのがあるけど,それをわりとみんな知らないのかなと思っていて。

ゆに:確かに。

奥山:私はかなり長いこと話さないで面白い話だなーと思って聴いてると,心配されて「話してないけど大丈夫?!」って言われて。⁠いや面白いと思って聴いてたんだけど」と,こっちがびっくりするときがある(笑⁠⁠。[聴く]ことの面白さをもう少し知ってもいいんじゃないのかな。話の流れを追っていること自体が,プロットを追っているみたいで,面白いときってあるんですよね。

ゆに:単に「話を聴く面白さ」というよりも,奥山さんが言った「話の流れを追う面白さ」を知ることが大事という感じがしました。

田中:うん,私も「プロセス」のところですごく共通してる。

奥山:そうですね,「プロセス」ですよね。この人がこう言って,この人がこう言って,⁠あ,だからこうなってるんだ」って。

田中:(笑⁠⁠。そう,客観的に見てる。

ワタ:私は今ちょっと,反省していて。会議中に,私が勝手に意味ないとスイッチオフしている会話まで通訳しないといけないなんて,⁠奥山さん,かわいそうだな。申し訳ないな」と思っていたこと自体が全く間違っていたなと。奥山さんにちょっと失礼だったなと思って。

ゆに:すごい気づきだねー!

奥山:(笑)

ゆに:奥山さんの[ビンゴ!]に気づける人も増えたらいいな。[聴ける人]の周囲への配慮や目線って,大事なことを教えてくれることが多いから。 [聴ける人の力量]に「敏感な人」もまた評価されてくるといいな。実際,世の中のトップやリーダーは,すでに[聴ける人]だったり,人の[聴ける力量]に敏感だったりするし。

奥山:ただ私は,ものすごく長いプロセスがあって初めて本当に聴けるようになり始める気がして。今の時代はスピードを求めすぎてるから,きついかなとも思います。

ゆに:そのスピードに打ち勝つ強い亀(オソイホド ハヤイ)が活躍できるようにしたいですね。

画像


いろんな会社やプロジェクトに参加して,すでに,優秀な[聴き手市場]の亀さんたちが相当な数いると思っています。ただ,効率やスピードが重視される今は,ちょっと首をひっこめているだけ。しかし,わたしとしては今回の座談会で改めて, [聴ける力量]のある「聞き手市場」人材が,これからの会議室の新たなキーマンになっていくと確信しました。

強い亀(オソイホド ハヤイ)が,会議をあるべき方向へ導いていける。そんな活躍がいたる会議室で起こったらいいな。そんな思いでお届けした,5回にも渡る座談会企画,いかがでしたでしょうか? 本当の「速さ」って,⁠効率」って,何なんでしょうね。

次回は通常の連載記事に戻りますが,引き続きお楽しみに。

グラフィックファシリテーターのゆにでした(^-^)/

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧