GTDでお仕事カイゼン!

第5回 GTDに最適なツール

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

アナログツール

GTDはツールを選ばないのでデジタルツールにこだわらずに,アナログツールを利用する方が効率良く処理ができる場合もあります。

(1) 5パーツホルダー

「やるべきこと」の多くは何らかの資料と関係しています。それらの資料をGTD的に整理するには,5パーツホルダーを使っています。

5パーツホルダーは,クリアファイルに5つの見出しが付いたもので,筆者はDelfonicsのA5サイズのものを愛用しています。

見出しの部分には,3M「Scotchはってはがせるテープ」を張ってマーカーで書くようにしています。

その他にも,A4サイズの色付きクリアファイルを使う方法もあります。

5パーツホルダー

画像

(2) Hipster PDA

「Hipster PDA」は,Lifehacksとして有名なブログ43Foldersで紹介されているものです。PDAと言ってもデジタルなものではありません。

5×3インチのインデックスカードをダブルクリップで挟んだだけのものです。

ここに「やるべきこと」を書き出していきます。持ち運びにも便利で,セパレータとして色付きのインデックスカードを使えば分類や整理も簡単に行うことができます。

Hipster PDA

画像

(3) 押し出しファイリング

「押し出しファイリング」は,野口悠紀雄氏※2が提唱している紙書類の整理方法です。

筆者は,GTDで処理する際に資料は最終的に「押し出しファイリング」方式で管理するようにしています。

A4サイズの茶封筒の中に資料を入れて,日付とタイトルを右肩に書いて本棚に並べておきます。そして,資料を使った後は,必ず手前に置くようにします。これで,よく利用するものが手前になるように並んでいきますので,非常に効率よく資料を探すことができます。

押し出しファイリング

画像

※2
書籍:「超」整理法1 押出しファイリング(文庫)
(4) GTD + R

「GTD + R」は,筆者が提唱しているRHODIA(ロディア)を使ってGTDを楽しく続けるための手法です。

筆者は,GTDを続けていく上で大きな問題にぶつかりました。それは,⁠やるべきこと」は日々増え続けるもので,発生頻度は不定期であるということでした。これは厄介な問題でした。⁠やるべきこと」が増えたタイミングでどこかに記憶しておかなければ後で思い出すことが逆にストレスとなってしまうからです。

そこで筆者は,メモ用紙として使っていたRHODIAをGTDのツールとして利用し,⁠やるべきこと」を漏らさずに処理できる方法を見つけました。

この方法は,ゲーム感覚で誰にでも始めることができるGTDとして筆者のホームページeXtreme Gadget「GTD + R」で紹介しています。

GTD+R

画像


GTDでお仕事カイゼンというテーマで5回にわたってご紹介してまいりました。

なかなか言葉だけで理解するのは,難しいと思います。やはり実際に体験してみなければ,GTDの素晴しさが分からないと思います。

「考える」よりも「行動」してみるのが一番だと思います。

今回の連載が,少しでも皆さんの「お仕事カイゼン」につながれば幸いです。

第2部として,筆者が提唱している誰にでも始められるGTDの手法「GTD+R」についてご紹介していく予定です。引き続きご愛読よろしくお願いいたします。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

クリエイトシステム代表。SEとして数多くのシステム開発を経験する。アジャイル開発の素晴しさに魅了され,開発現場の大切さや人と人とが作り上げているシステム開発の楽しさを学ぶ。現在は,システム作りよりも「工夫作り」をモットーに独立して,新しいことにチャレンジする毎日を送っている。筆者のLifehacks系サイトeXtreme Gadget(エクストリームガジェット)では,GTDとRHODIAを組み合わせた新しい仕事術「GTD+R」を紹介している。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/