ギークじゃなくても楽しめる! 新はてなブックマーク

第1回 トップページに注目─強化された検索とカテゴリー機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

検索機能の制度とカテゴリーの分類

では具体的にどのように使えるのか,実際に検索してみましょう。

図4 ⁠カレー」で検索した結果

図4 「カレー」で検索した結果

「カレー」で検索してみると,文字通りカレーに関連したエントリーが表示されます。では「パスタ 作り方」で検索した場合はどうでしょうか。

図5 ⁠パスタ 作り方」で検索した結果

図5 「パスタ 作り方」で検索した結果

パスタの作り方について,簡単に探すことができました。ただし「レシピ」⁠recipe」といった表記の揺れにはまだ対応しておらず,そうした検索には今後対応してゆくとのこと。

カテゴリーは現在「社会」⁠政治・経済」⁠生活・人生」⁠スポーツ・芸能・音楽」⁠科学・学問」⁠コンピュータ・IT」⁠ゲーム・アニメ」⁠おもしろ」の8つに分けられています。はてなブックマークというと,これまでコンピュータや技術など,理系の話題ばかりという印象が強かったのですが,カテゴリー分けによりジャンルに応じた情報を効率よく得られるようになりました。

図6 ⁠生活・人生」などのジャンルも登場

図6 「生活・人生」などのジャンルも登場

たとえばニュースなら「社会」⁠政治・経済⁠⁠,また従来のように技術系の話題であれば「コンピュータ・IT」などと言った情報の選択ができ,好みや趣向に応じて自由に使うことができます。またカテゴリーで特徴的なのは「おもしろ」「動画⁠⁠,前者は2ちゃんねるのまとめブログや文字通りのおもしろいネタなどが多く,後者は動画共有サイトのニコニコ動画,YouTubeのまとめになっています。

メディアとしての新しいはてなブックマーク

これまでのはてなブックマークの印象として,コンピュータや技術系の話題が多く利用者もいわゆる理系ばかりの偏った傾向がある,とよく言われていました。

そうした現状をはてなも認識しており,リニューアル発表会で伊藤氏も

「今までのはてなブックマークの話題を少し分散させ,より多様な話題を扱えるメディアにしたい。」

「今はネットが大好き,はてなが好き,コンピュータが好きという技術者が多いが,もう一歩外の世界に(ギークだけの世界ではなく)足を進めていきたい」

と目標を語り,またはてなブックマークがメディアとして世の中に影響力を与えるようにしたい,とも意気込みを見せていました。

このリニューアルで強化された検索機能,そしてカテゴリー分け機能により技術系の話題だけにとどまらず,他の情報も容易に扱えるようになったことで,今まで利用していなかった一般層への拡大を目指す新たなはてなブックマーク。利用者の興味をうまく分散させることで,これからは話題の偏りが変化していくのではないでしょうか。

図7 新はてなブックマークの目指すもの

図7 新はてなブックマークの目指すもの

ただ実際,技術者よりの話題が注目され,それ以外の一般層からはなかなか利用されていないのも事実,検索の精度が上がったとは言え,まずそれを使ってもらわなければ効果も理解はできないでしょう。今後それらに対しどうアピールしどのように利用者として取り込んでいくのか,ギークだけのはてなブックマークではなく,メディアとしてどう確立してゆくのかが,新しいはてなブックマークの大きな課題になるのではないかと考えています。

著者プロフィール

rikuo(りくお)

1979年生まれ。約1万人に1人の病気・小耳症のため右耳の聴力は無いが、特に気にせず適当ライフ。特技はマジックバルーンアート。最近のマイブームはドット絵とGreasemonkey作り。ブログ:聴く耳を持たない(片方しか)なにせ実際に聞えないのでブログ名にしております。