楽しい仕掛け満載のSNS型英語学習サイト「iKnow!」の魅力に迫る!

第2回 魅力のチャンネル・コースが満載!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

使える!コースアイテム一覧画面!

次に画面上部の「アイテム」タブをクリックしてみましょう。するとそのコースで学習するアイテム(単語・熟語)の一覧画面が表示されます。

コースアイテム一覧画面

コースアイテム一覧画面

左から英単語,日本語訳,品詞,記憶定着率の順に表になっています。英単語の左には音声ボタンが設置されていてクリックするとその単語の発音が確認できます。英単語のリンクをクリックすると画面が変わりその単語を使った例文,その音声ボタン,イメージ写真,このアイテムが出てくる学習コース一覧,最近このアイテムを学習したユーザーの一覧などが表示されます。また右側にはこのアイテムを使って日記を書けるボタン,またこのアイテムで最近日記を書いた人のリンク画面も表示されます。一つの単語でもいろいろ楽しめる,学習の展開ができるように工夫されています。

英単語(become)の画面

英単語(become)の画面

豊富なアイテムTOEICチャンネルでスコアアップ!

TOEICチャンネルは現在9つのコースがあり利用者数も多くとても人気のチャンネルです。TOEICテストに頻出の語句をiKnow!自慢の数種類のアプリケーションで徹底的に学習することができます。コースは基礎シリーズ,上級シリーズに別れ,またそれぞれアメリカ英語だけでなくイギリス英語,オーストラリア英語にも対応したコースも用意されています。

TOEICチャンネル

TOEICチャンネル

チャンネルブログではTOEICの講師をされてるチャンネルオーナーによりチャンネルブログでTOEIC攻略の詳しいアドバイス,受験される方への励ましメッセージなどが掲載されています。このチャンネルブログに書かれた記事にはユーザーが自由にコメントできるようになっています。つまり英語のエキスパートのチャネルオーナーと学習者であるユーザーが意見交換できるようになっています。

投野コーパスはiKnow!でもすごい!

投野コーパスチャンネルはNHK語学番組でコーパスを導入され有名な投野由紀夫先生がオーナーをされているチャンネルです。動詞+名詞(例:get a haircut)や動詞+形容詞(例:get stuck)などの単語と単語の結びつきであるコロケーションで効率よく英語表現を覚えましょうというコースです。現在は動詞コロケーションの2つのコースだけですが近い将来コース,アイテム数が増えることを期待したいチャンネルです。

動詞コロケーション1の画面

動詞コロケーション1の画面

旅行好きオーナーのトラベルチャンネル

海外旅行でよく使う語句,表現を学ぶことができるチャンネルです。現在は2つのコースが用意されています。⁠No travel, No life!」とまで言い切る女性チャネルオーナーは昨年末から2週間もタイ・カンボジア方面を旅行されて旅先からもアクセス,帰国後は旅の楽しいお土産話やら写真をチャンネルブログでユーザーに公開してくれてます。海外旅行で必須の英単語やら表現が満載のチャンネルですので,海外に行かれる予定のある方はもちろん,その気分だけでも味わいたい方にもおすすめのチャンネルです。筆者も大好きなチャンネルでディクテーション全部アイテム完了しましたが時々またやりたくなって同じコースを再度ディクテーションしたりしてます。

トラベルチャンネル メイン画面

トラベルチャンネル メイン画面

ビジネスにも,留学にも,大学受験にも!

これまでに紹介したチャンネル以外にも見逃せないチャンネルがめじろ押しです。ぜひiKnow!サイトで自分の目的,レベルにあったチャンネル,コースを見つけてチャレンジしてください。

  • ビジネス英語チャンネル ⁠2コース)
  • 留学実現!チャンネル  ⁠9コース)
  • 大学受験英語チャンネル ⁠9コース)

その他のチャンネル

その他のチャンネル

次回はいよいよiKnow!の学習アプリケーションの詳細とその魅力をお伝えしていく予定です。

著者プロフィール

藤野信男(ふじののぶお)

現在は滋賀県でパソコン教室を経営・講師。

国際航空貨物関連の会社を退職後,好きな英語で国際交流をするためネットで知り合った多くの外国人旅行者(数百人)に自宅をショートステイ先として提供。その後,1997年に現在のパソコン教室を開業。近年また英会話学習熱が出てきたため,仕事の合い間にLingQなどのオンライン英会話スクールや海外インターネットラジオ,そしてiKnow!などのサイトでe-Learningを楽しんでいる。今後はIT教育だけでなくPC・インターネットを使った英語教育にも力を注ぎたいと思っている。

URLhttp://ameblo.jp/nobuo2006/