草花の知恵

第15回 「薬用と食用」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

御山竜胆(オヤマリンドウ) 画:外山康雄

御山竜胆(オヤマリンドウ) 画:外山康雄

花データ

リンドウ科の多年草/花期:8月~9月。他のリンドウに比べて小ぶり。茎頂にしか花をつけず,その花もあまり開かない。

竜胆(リンドウ) 画:外山康雄

竜胆(リンドウ) 画:外山康雄

花データ

リンドウ科の多年草/花期:9月~11月。根は苦く健胃効果があり乾かして生薬にする。花は筒形で長く五裂した裂片は晴天に開く。

外山康雄「野の花館」だより

新作,箙藤(えびらふじ)です。花が終わると,小さなかわいい豆ができます。野の花館は,梅雨真っ只中で,昨日今日は寒いくらいです。東京はいかがでしょうか? 雨に濡れた山の緑は,とてもいい色です。

(7月5日)

著者プロフィール

池内紀(いけうちおさむ)

1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。

主な著書に『ひとり旅は楽し』(中央公論新社)『ぼくのドイツ文学講義』(岩波書店)『町角ものがたり』(白水社)など。『カフカ小説全集(全6巻)』(白水社)など翻訳書も多数。新刊は『森の紳士録』(岩波新書)。


外山康雄(とやまやすお)

1940年東京深川生まれ。新潟県浦佐で育つ。2002年南魚沼郡塩沢町に古民家を再生したギャラリー「野の花館」開設。

画集に『折々の花たち 1~4』(恒文社)『野の花の水彩画』『私の好きな野の花』『野の花 山の花』(日貿出版社)など。

外山康雄の野の花館:

URLhttp://www.toyama-yasuo.jp/