ライフハック・プラクティス ~仕事の生産性を上げる習慣~

プラクティス:17「仕事のルールを作る」

2008年12月5日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

行動への近道

ここでは,筆者が行っているファイルの振り分けルールをご紹介します。 ルールはシンプルですので,自分にぴったりくるようにアレンジしてみてください。

押し出し式デスクトップ

「超」整理法(著者:野口悠紀雄)の中で紹介されている「押し出しファイリング」は,新しいものをどんどん手前においていくくことで不要なものが後ろになって分かるというすごくシンプルな整理法です。

書類の整理に「押し出しファイリング」を使っている人も多いと思います。 実は,これをパソコンのデスクトップ画面に応用することができるのです。

基本の考え方は同じです。机の変わりにパソコンのデスクトップ画面を使い,書類の変わりにファイル(フォルダ)のショートカットを使います。

まず,パソコンでファイルを保存する際には,必ず1つの基準フォルダを作って,そこにプロジェクト毎にファイルを格納していくようにします。

この基準フォルダのことを「母艦フォルダ」と呼びます(ここではc:\mothershipというフォルダで説明していきます⁠⁠。

c:\
   +-- mothership
      +-- project1
      +-- project2
      +-- project3
      +-- project4
      +-- project5

よくファイルやフォルダがあちこちに点在してしまって整理できないという人がいます。

まず第1歩として格納する場所を1つに決めることが大事です。 しかし,そのまま母艦フォルダから探すのは数が多くなった時点で大変になります。

そこで,押し出し式を使います。

母艦フォルダ内のプロジェクトで使うものをデスクトップにショートカットとしておきます。 この時に,ショートカットは上から使うもの順に10個まで並べることができるようなルールにします。

※ デスクトップのアイコンは自動で整列させずに手動で並べるようにします。
※ マイコンピュータやマイドキュメント,ごみ箱などデフォルトで表示されてしうものは除きます。

<デスクトップ
   +-- project5のショートカット(よく使うプロジェクト⁠⁠
   +-- project2のショートカット
   +-- ・
   +-- ・
   +-- ・
   +-- project4のショートカット(使わなくなったプロジェクト)

プロジェクトがデスクトップに存在しない場合は,母艦からショートカットを作るのですが,この時に一番後ろになっている使わなくなったプロジェクトのショートカットをアーカイブフォルダに移動します。

※ アーカイブフォルダは使わなくなったものを保存しておく場所です。アーカイブフォルダについては次の「13folders」で詳しく紹介します。

これで常によく使うプロジェクトのフォルダへのショートカットが10個デスクトップに存在することになります。

筆者は,この整理方式を「押し出し式デスクトップ」と呼んでいます。 デスクトップ画面がフォルダやファイルでぐちゃぐちゃになっている人も,この方式にすれば必ず整理できるはずです。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

アジャイルスピリッツで仕事を効率よく進めるブログ「eXtreme Gadget」を運営するほか,仕事に役立つWebサービスの開発を行っている。代表的なものに「StartCommand」「D3timer」がある。関西ライフハック研究会のコミュニティも主催している。gihyo.jpで「GTDでお仕事カイゼン!」の連載を執筆。共著として「Life Hacks PRESS Vol.2」もある。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/

ピックアップ

ヒューマンリソシアのGITサービスが目指す,時代にアジャストするエンジニアチームの作り方

アフターコロナにおけるエンジニアチームの作り方,グローバルな視点でのエンジニア獲得と開発とコミュニケーションの在り方について取り上げます。

LINE テクノロジー&エンジニアリング大全

「LINE DEVELOPER DAY 2020」より,注目すべきテクノロジー,エンジニアリングをピックアップし,詳説インタビューを実施しました。

プロダクト思考で開発が進む「みてね」の今とこれから~みてねの生みの親笠原健治氏,開発マネージャ酒井篤氏が考える,プロダクトとエンジニアリングの素敵な関係

「家族アルバム みてね」を支えるエンジニアリングについて,開発体制やプロダクトの開発・運用,これからのビジョンについて伺いました。

自分の証明と持続的な学びがこれからのDX人材の鍵を握る ~A-BANKが考えるDX人材バンクの在り方とは?

2020年11月にスタートしたA-BANKの人材バンク。評価・育成・紹介の一体型人材紹介から見える,これからの人材エコシステムに迫ります。

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->