これなら毎日できるタスク管理 1から学ぶRemember The Milk

第7回 いろんな方法でタスクを登録する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

メールを使って1件のタスクを登録する

Remember The Milk のアカウントを取得すると,ユーザごとに固有の ⁠受信箱のメールアドレス⁠⁠ が割り当てられます。このアドレスにメールを送信することで1件のタスクを登録することができます。設定メニューの情報画面で ⁠受信箱のメールアドレス⁠⁠ を確認してください。

受信箱のメールアドレス

受信箱のメールアドレス

メール記述方法

メールの宛先には「受信箱のメールアドレス」を指定します。件名(タイトル)にはタスク名を入力してください。本文は ⁠識別子: 値⁠⁠ というふうに1行ずつ入力します(メールサンプルを参考にしてください⁠⁠。

識別子は以下の通りです(全ての識別子に省略形があります⁠⁠。

項目識別子文例
リストList
(L)
List: Work
※未指定の場合は受信箱に追加されます。
期日Due
(D)
Due: Monday at 9:00
リピートRepeat
(R)
Repeat: Every week
予測時間Estimate
(E)
Estimate: 2 hours
タグTags
(S)
Tags: 仕事 会議
※タグとタグの間はスペースで区切ります
場所Location
(O)
Location: 自宅
URLURL
(U)
URL: http://www.rememberthemilk.com/
優先度Priority
(P)
Priority: 1
タスクTask
(T)
Task: 帰りに牛乳を買う
※タイトルを指定できない場合などに使用します。

本文の最後尾のテキストをノートとして登録します。ノートを追加する場合は ⁠---⁠⁠ で区切る必要があります(メールサンプルを参考にしてください⁠⁠。

メールサンプル

サンプルを掲載します。これを参考にタスク追加用のメールを作ってみてください。

件名: 帰りに牛乳を買う
宛先: ⁠受信箱のメールアドレス)
List: Action
Tags: 家族
Due: 今日
Priority: 1
---
1つ目のノートのタイトル
1つ目のノートの中身
---
2つ目のノートのタイトル
2つ目のノートの中身

あらかじめテンプレートを作っておけば,出先から詳細なタスク情報を簡単に登録することができるようになります。

メールを使って簡単に複数のタスクを登録する

Remember The Milk のアカウントを取得すると,ユーザごとに固有の ⁠インポート用のアドレス⁠⁠ が割り当てられます。このアドレスにメールを送信することで複数のタスクを一度に登録することができます。設定メニューの情報画面で ⁠インポート用のアドレス⁠⁠ を確認してください。

インポート用のアドレス

インポート用のアドレス

メール記述方法

メールの宛先には「インポート用のアドレス」を指定します。件名(タイトル)には追加先のリスト名を入力してください。宛先を省略した場合は受信箱にタスクが追加されます。本文は1行ごとにタスク名を入力します(メールサンプルを参考にしてください⁠⁠。

※注意
行頭の特殊文字 ( * や # ) は自動的に除去されます。
メールサンプル

サンプルを掲載します。これを参考にタスク追加用のメールを作ってみてください。

件名: Action
宛先: ⁠インポート用のアドレス)
帰りに牛乳を買う
太郎君の誕生日プレゼントを買う
電話料金支払い
歯医者の予約

今回紹介した3つのタスク登録方法の中でも,私が最も利用しているのが,このインポート用のアドレスを利用した方法です。とにかく思いついたらすぐに携帯電話からタスクを登録しています(この時,件名はあえて入力せず,受信箱に登録します⁠⁠。期限やタグなどは余裕ができた時に編集します。この方法がタスク登録漏れをなくす最も効果的な方法だと思います。


いかがでしょうか。ケースバイケースでタスクの登録を使い分けることで,迅速で漏れのないタスク登録を実現できます。せっかく優れたタスク管理ツールを使っていても,タスクの登録漏れがあったのでは意味がありません。いろいろ試して,最も適した方法を発見してください。

次回は,iGoogleやGoogleカレンダー,Netvibesなど,他のWebサービスとの連携について解説する予定です。

著者プロフィール

宮崎博司(みやざきひろし)

日常業務はソフトウェア開発。
無料で高機能,さらにどこからでも利用できるWebサービスに魅了され,2007年02月からWebサービス+LifeHacksというテーマでブログ「Forgot the Milk.」を書き始める。ちなみに人生のテーマは「ラクして楽しく前向きに!」。ブログの記事をきっかけにRemember The Milkのスタッフより依頼され,2007年06月からRemember The Milk日本版公式ブログも書き始める。Webの持つ大きな可能性を探る旅はまだまだ続く。。。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/hmiyaza1/