VOCALOID(初音ミク,鏡音リン・レン)の上手な歌わせ方教えます!

第6回 ミキシングの手順

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

コンプレッサー

コンプレッサーは音圧上げで最も重要なエフェクトです。コンプレッサーの基本原理は「小さい音はそのまま,大きい音は圧縮」です。音量の大きい部分を圧縮してくれるので,圧縮された分をノーマライズで底上げするか,コンプレッサー内のアウトプットゲインで底上げすれば,音圧を上げることが出来ます。

コンプレッサーの例

ただここで気をつけなければいけないのが,あまり急激に圧縮してしまうと音質が変化してしまうことです。圧縮率(レシオ⁠⁠,その音が大きいかどうかを判断するしきい値(スレッショルド)を調整し,音が歪んだり割れたりしない程度に音圧が上げられるよう調整します。また,副作用として音の強弱が損なわれてしまう点にも注意が必要です。第3回でご紹介した通り,この副作用を逆に利用してノートごとの音量のバランスを整えるという力技もあります。

ディエッサ

コンプレッサーをボーカルトラックに掛けたときの独特の副作用として,⁠s」などの高周波の子音が過剰に増幅されてしまい,キンキンうるさい印象になってしまうことがあります。そういうときに役に立つエフェクトがディエッサです。ディエッサは高い周波数帯域だけを圧縮するのに特化したコンプレッサーで,高周波で音量が大きい部分を圧縮して耳に痛い部分をならしてくれます。

リバーブ

ここまでさまざまなエフェクトを掛けてきました。今の時点ではこのような感じです。

初期状態に比べると大分音圧も上がり,突出した音も減っているのでかなり聞きやすくなりました。

これを一度オケと合わせたものを聞いてみましょう。

なんだかボーカルトラックだけまだ浮いているような感じがします。そこでリバーブエフェクトを挿してみます。

どうでしょうか,先ほどよりもオケと馴染んだ感じがすると思います。リバーブは残響音を追加することで,あたかも広い空間で演奏しているかのように聞こえさせることの出来るエフェクトです。あまり掛けすぎてしまうと輪郭がボケてしまいますが,適度に掛けることによって声がオケに馴染みやすくなります。

リミッター

仕上げに挿すエフェクトがリミッターです。このエフェクトを挿すことによって,出力をぴったりと0dBに抑えることが出来ます。

リミッターの実態はコンプレッサーのスレッショルド値0dB,レシオ無限大としたものです。コンプレッサーをこの設定にすると,0dBを越えたものは大きい音と判断され,圧縮されます。このときレシオが無限大になっているので,0dBまで圧縮され,結果出力はすべて0dB以下に抑えられることになるのです。

それだけではなく,リミッターは音圧上げにも欠かせないエフェクトです。リミッターのインプットゲインを上げても,出力が0dBでぴったり止まってくれるので,音質が変わらない程度にインプットゲインを上げることが出来ます。これによってかなり音圧を稼ぐことが出来ます。

以下,ボーカルトラックに施した処理です。

(ノーマライズ⁠⁠→イコライザ→コンプレッサー→ノーマライズ→ディエッサ→リバーブ→リミッター

著者プロフィール

OSTER project

音楽好きなただの大学生。ネットを中心にDTMで制作した楽曲を公開。リスナーに楽しんで貰える遊び心いっぱいの楽曲作りを心がけている。

VOCALOIDと可愛いものと辛いものが大好き。

URLhttp://fuwafuwacinnamon.sakura.ne.jp/