VOCALOID(初音ミク,鏡音リン・レン)の上手な歌わせ方教えます!

第6回 ミキシングの手順

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

コーラスパートの処理

これはコーラスパートにメインボーカルと同じ処理を施してメインボーカルと合わせたものです。コーラスパートだけ音量は小さめにしてあります。このままでもいいのですが,ここに一工夫を加えるだけでかなりそれっぽいコーラスサウンドになります。

コーラスエフェクトを挿す

コーラスを再現するエフェクトです。これを掛けることによって音が何重にも重なって鳴っているように聞こえ,複数のシンガーで歌っているように聞こえさせることが出来ます。

定位(パン)を振り分ける

コーラスパート一つ一つのパン振りを極端にすることによって,よりサウンドに広がりを持たせます。パート1は中央付近,パート2は右側,パート3は左側にパンを振りました。

この二つの工夫を施した音源がこれです。

最初のものに比べてかなり印象が違うのが分かると思います。

仕上げは2mixで

今まで作った各音源のバランスを上手くとってミックスした音源を2mixといいます。仕上げはこの状態で行います。

イコライザ

低周波成分が多く出ていると音圧が上がりにくくなるので雰囲気を壊さない程度にカットします。音の重なりやすい中音域は必要に応じてすり鉢状にカットします。

コンプレッサー

マスタリング用のプリセットがあればそれを使うといい感じになります。

リミッター

出力を0dBに抑えるのと同時に最終的な音圧上げをします。

こうして完成したものがこのデータです。

かなり癖の強い歌わせ方をしていたのですが,オケと混ぜたことで若干その癖が損なわれてしまったような感じがします。それを見越した上で,歌わせ方や表情付けはVOCALOIDの調整段階で若干オーバーにしておいた方がいいかもしれません。

おわりに

今回は制作したVOCALOIDのトラックとオケをミックスする過程をご紹介しました。ミキシングについてはそのやり方も十人十色で,どれが正しいと言うのは難しいです。私もまだ試行錯誤している段階で結論が出ていません。

また,ミキシングは長時間連続しての作業は本来してはいけません(私はついついしてしまいますが……⁠⁠。適度に耳を休ませると聞こえ方も変わってきます。完成したものを次の日にもう一度聞いて微調整,という感じで進めていくといいです。

さて,この連載も次回でいよいよ最終回になります。次回は作った曲から動画を生成し,動画サイトに投稿する方法をご紹介したいと思います。

著者プロフィール

OSTER project

音楽好きなただの大学生。ネットを中心にDTMで制作した楽曲を公開。リスナーに楽しんで貰える遊び心いっぱいの楽曲作りを心がけている。

VOCALOIDと可愛いものと辛いものが大好き。

URLhttp://fuwafuwacinnamon.sakura.ne.jp/