インタビュー

不動産業務支援システム「いえらぶCLOUD」がRPAサービスをリリース~業界が抱える課題解決を目指す不動産テック最前線

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

日々物件情報が大量に更新され,空室情報の管理・公開から,入居・退居申込みによる契約業務,建物修繕などのメンテナンス作業など,膨大で多岐にわたる事務処理が発生している不動産業界において,多くの仲介・管理会社などの不動産会社が,煩雑な定型業務に忙殺されています。

仲介業務・管理業務支援システムとして,国内12,000社以上の導入実績がある「いえらぶCLOUD」を運営する不動産テック企業,株式会社いえらぶGROUP小玉勝徳氏,松木健人氏に,不動産業界に煩雑な定型業務が発生しやすい理由,業務支援サービス「いえらぶCLOUD」の特長,そしてグローバルRPAプラットフォームUiPathを採用してリリースした「RPAらくらくロボシリーズ」について,詳細を伺いました。

いえらぶCLOUDの推移

いえらぶCLOUDの推移

手作業による「物出し」でかかる膨大な時間コスト

小玉氏:

株式会社いえらぶGROUP
小玉勝徳氏

株式会社いえらぶGROUP 小玉勝徳氏

不動産業界には「物出し」⁠ぶつだし)と呼ばれる,お客様の条件に合う空室物件情報を検索してご提案する作業があります。

検索した物件情報はデータベースに入力・管理する必要があるのですが,この入力作業の多くを手作業で行い膨大な時間コストがかかってしまうことが,不動産業界の課題としてよく取り上げられます。

松木氏:

手作業による煩雑な定型業務を解消するための不動産管理・業務支援システムを提供するサービスは多くあります。

一般的な業務支援サービスは,物件情報をシステムに登録しておくことで,大手不動産ポータルサイトなどはもちろん,不動産会社様の自社Webサイトとも連携して物件情報を掲載する機能を備えています。

株式会社いえらぶGROUP
松木健人氏

株式会社いえらぶGROUP 松木健人氏

とくに仲介会社様は,広告出稿による集客,お客様対応など他にも重要な業務があるため,定型業務である物件情報登録作業を簡略化できる業務支援サービスを利用する必要性が高いといえます。

ただ,業務支援サービスへ物件情報を登録すれば終わり,といったわけではなく,さまざまな情報源から,頻繁に情報の検索,管理・更新をしなければならないので,情報管理の作業は非常に煩雑です。

例えば,管理会社様が運営している,20~30以上の仲介会社様向け空室情報サイトから空室情報がないか確認して,新しい物件情報があった場合は,業務支援サービスへ情報登録・更新する手間が,日々発生しています。

空室情報を周知・宣伝してもらいたい管理会社様にとっても,仲介会社様が定型業務に多くの時間を割かれることは課題であるといえます。

いまだに多く残る紙ベースでの物件情報管理

小玉氏:

不動産業界では,仲介会社様が管理会社様の空室情報サイトから引っ張ってきた物件情報を,店頭へ貼り出すチラシなど,紙ベースで出力して管理する慣習がまだまだ残っています。

松木氏:

なぜわざわざ紙に出力するのか?というと,物件情報を業務支援サービスに登録する際に,図面形式で出力した紙を確認しながら間取り図や地図などの各種情報を登録した方がやりやすい,という実状があるからです。

多くの事業者様が,紙→データへの入力作業を,専属のアルバイトの方を採用して対応しています。

入力作業に慣れた方でも,新しい物件情報1件を業務支援サービスへ登録するのに,約15分はかかります。

ただし,チラシのフォーマットは業者によってバラバラです。複数枚のチラシにまたがって入力項目が掲載されている,コメントが入っている,方角など図面から情報を読み取らないといけない,さらには項目名自体がわかりづらい,など…。定性的な情報を,都度確認しながらシステムに入力しやすく直さないといけない場合がよくあります。

このような複雑な物件情報では,1件分の登録を完了するのに,30分近くかかることも珍しくありません。

大抵の事業者様は,毎日5~10件は新着物件情報の登録作業があるため,1日で約75~150分はこの定型業務に時間を割く必要があります。

また空室物件の情報は日々入れ変わるので,メンテナンスの手間もかかります。

著者プロフィール

酒井啓悟(さかいけいご)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室所属。

1986年生まれ。富山県富山市出身。2011年4月株式会社技術評論社に入社。書籍編集部を経て,現職。電子書籍,オーディオブックなど,出版業界に訪れる新しいジャンルの市場の成長に関わっていくことが当面の目標。

サッカーとねこが好き。

バックナンバー

2020

  • 不動産業務支援システム「いえらぶCLOUD」がRPAサービスをリリース~業界が抱える課題解決を目指す不動産テック最前線