インタビュー

プロダクト思考で開発が進む「みてね」の今とこれから~みてねの生みの親笠原健治氏,開発マネージャ酒井篤氏が考える,プロダクトとエンジニアリングの素敵な関係

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

プロダクトオーナーと開発チームの関係

――プロダクトオーナーである笠原さん,そして,初期メンバーの酒井さんを始めとした開発チームが,プロダクトの成長とともに拡大,そして,チームそのものも成長していることが伺えました。

ところで,一般的に,プロダクトオーナーと開発チームの関係が,プロダクトの特徴であったり開発スピード,その先の成長にも大きく影響が出る場合が多く見られます。

「みてね」における,プロダクトオーナーと開発チームの関係について,それぞれの立場から教えてください。

笠原: 私自身は,プロダクトオーナーだから絶対的な権限を持っているという気持ちはあまりなくて,メンバー全員でみてねのことを考え,開発を進め,機能追加や改善に取り組んでいると認識しています。その前提の中,自分として,半年後にどうありたいか,1年後のみてねの形はどうなっているか,など,未来像や目標を言語化することは心がけていますね。

酒井: 私たち開発チームも,チームの中で課題や取り組むべきこと,次の目標を言語化し,共有することは常に心がけています。また,開発チームとしても笠原が言語化し共有してくれることで,何を目指すのか,どう動いていくかのブレが少ないです。

――とは言え,全員の意見が合致しないこともあるのではないでしょうか。

笠原: はい,当然,それぞれが目指すことややりたいことで,細かな見解の相違,食い違いは生まれます。ただ,食い違いが出たときは議論をし,コンセンサスを取ってから,各チームで動けるようにしています。

これは開発チームだけではなく,みてねのメンバー全員に対する私の姿勢として,全員が自分自身の業務に対する納得感,もっと言えば,自分ごととしての業務になってもらいたいと強く思っています。ですから,もし,少しでも「なぜ今自分がこの仕事をしているのか?」と思われることがないように,十分説明するようにしています。

その1つとして,毎週,みてねに関する数字を共有する場とレビューの機会を設け,また,アプリのレビューやTwitterなどのソーシャルメディア,実際にユーザの皆さまから届く声もカスタマーサポートメンバーが気になったものに関しては,Slackのチャンネルで全員が触れられるようにしています。

数字については,プロダクトオーナーとしての毎年の目標を言語化し,定期的に達成できているかどうかを話して,共有していますね。たとえば,2020年の大きな目標は「収益面の強化」で,具体的に取り組むべき課題を9つのプロジェクトとして共有しました。このような形で何を行うかを細分化し,それが達成できているか,あるいは未達なのかも共有して,チーム内での意識のズレが起きないように心がけています。

現状,2020年の目標で設定した9つのプロジェクトはすべて実現できる見込みです。

酒井: 開発チームとしては,事業の目標に合わせて,デザイン領域,エンジニア領域の,それぞれのプロジェクトリーダーが細かく課題を設定して開発を進めています。開発プロセスとしては,2週間ごとのスプリントで動くスクラム開発を採用していますね。

スプリントの中では,毎回,次のスプリントにやるべきこと,やりたいことを共有する時間も必ず確保しています。

画像

笠原: 私自身もこのスクラム開発で取り組むBacklogの内容は目を通すようにしています。もちろん,すべてにコメントをしきれてはいませんが,毎週10~20ぐらいの新しいアイデアが生まれてきて,それが,今のみてねの魅力につながっていますね。

アイデアに関しては,開発チームからの声だけではなく,カスタマーサポートやユーザからの要望なども取り入れることで,プロダクトの内面および外面,それぞれからの進化ができるように考えています。

言葉で言うと,螺旋階段型の成長モデルを目指しています。いきなり上に届く,エレベーターのような形ではなく,ぐるぐると回りながら,全体を見渡して,一歩ずつ成長する(上に登る)イメージですね。

酒井: これは一緒に開発していて本当にそう思います。誤解を恐れずに言えば,笠原が一番のヘビーユーザで(笑⁠⁠,とにかくみてねのことを考えている時間が誰よりも長いです。ですから,たとえば,私が新機能を提案すると,実はすでにそのことは考えられていて,2歩,3歩先の見解からフィードバックをくれることが多々あります。

その点では開発チーム全員が,非常に信頼できるプロダクトオーナーだと感じているはずです。

その中で私が気を付けているのが,笠原に任せっきりにならない組織づくりです。エンジニアであれば,技術領域に関しては自分たちが責任を持って判断できる,そういう体制が理想です。とくに新しい技術トレンドが生まれたときは,エンジニアの真価が問われます。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室部長代理。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属,同誌編集長(2004年1月~2011年12月)や『Web Site Expert』編集長を歴任。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)の責任者として,イベントやWeb・オンライン企画を統括。現在は,技術評論社の電子出版事業を中心に,デジタル・オンライン事業を取りまとめる。社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2020