速報!2008 JavaOne Conference

2008 JavaOne Conference,3日目 JavaOne Pavilion part 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

LWUIT Demo

LWUITはJava MEの実装の1つで,携帯電話向けアプリケーションのUI Libraryです。CLDC1.1,MIDP2.0/CDC,PBP/SE上で動作します。現在,アイコンやテーマ, アニメーションなどのコンポーネントが用意されており,これからの携帯電話向けアプリ開発にとって大変役立つものとなるでしょう。2008年5月8日現在,Early Access版のダウンロードが可能となっています。

写真3,4 LWUITの動作デモ

写真3 LWUITの動作デモ 写真4 LWUITの動作デモ

Rich Java ME Application with MSA

上記のLWUITを含め,今回Java ME関連の展示が充実したのが印象的です。ここは,3DグラフィックやSVG,Webサービスなどを利用したリッチインターネットアプリケーションを,携帯電話向けプラットフォームMSA(Mobile Service Archtecture)で実現することについて解説していました。MSAについては次期バージョンの開発が進められており,昨日実施されたJames Gosling氏のプレス向けラウンドテーブルでも,リリース準備が進められているとコメントされていました。

写真5 Rich Java ME Application with MSAのブース

写真5 Rich Java ME Application with MSAのブース

Project Hydrazine

初日のGeneral Session内でRich Green氏が発表したSunの新プロジェクトです。同プロジェクトは,開発者向けに,パーソナライズドやクラウド型のネットワークベースのサービスプラットフォームを提供するものです。写真のように,Javaをベースに,携帯電話やPC,各種家電向けのアプリケーション配信をサポートするサービスとなっています。

詳細についてはhttp://www.sun.com/hydrazine/を参照。

写真6 Project Hydrazineの説明展示

写真6 Project Hydrazineの説明展示

NetBeans 6.1

写真7 NetBeans 6.1のブース

写真7 NetBeans 6.1のブース

先日リリースされたばかりのJava統合開発環境の最新版NetBeans 6.1のブースにもたくさんの来場者が訪れました。NetBeans 6.1では,JavaScriptの編集機能やSpringのサポート,MySQLとの統合,Ruby/JRubyサポートの拡張,Jerseyを利用したRESTful Webサービス構築の実現といった改良・機能追加が行われています。また,今後PHPのサポートについても予定されています。

Project Woodstock

Project Woodstockは,GlassFishに関連したプロジェクトで,JSFおよびAjaxによるWeb UIコンポーネントの開発を行うものです。展示ブースでは,NetBenas上でのProject Woodstockの開発に関して展示していました。

写真8 Project Woodstockのブース

写真8 Project Woodstockのブース

GlassFishでSNS

今回,Sunブースの中でとくに多かったのが,Java ME,NetBeans,そしてGlassFish関連の展示でした。GlassFish関連の展示の中でも,最近のトレンドをフィーチャーしていたのが,この「Social Networking with GlassFish⁠⁠。題目のとおり,GlassFish上でSNSを構築するためのポイントについて解説していました。

写真9 Social Networking with GlassFish

写真9 Social Networking with GlassFish

OpenSolaris

写真10 ⁠持ってけドロボー」状態の
OpenSolarisブース

写真10 「持ってけドロボー」状態のOpenSolarisブース

最近のSunの戦略の中で,注目したいものの1つがOpenSolarisです。今回は,2008年5月5日のCommunityOneでのOpenSolarisの発表を受け,ブースではOpenSolarisのLiveCDの配布を行っていました。