「Adobe MAX Japan 2009」詳細レポート

2日目(その2)ActionScript 3.0におけるパフォーマンス向上のヒント,コミッタ全員集合?SparkProjectライトニングセッション,EDGE Now ! of the Year

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

コミュニティブースも多数展示

会場には,多数の企業,そして国内のコミュニティによるブーススペースが設けられていた。

SparkProject

その一つに,今回ご紹介したSparkProjectも参加していた。ブースには,FLARToolKitや,Macの傾きセンサーをFlashで扱えるようにするSMSasのデモが展示されていた。

新藤氏によれば,⁠もっとたくさんの人に知っていただくために,Wiki,ブログ,勉強会を充実している。どんな方でも気軽にライブラリを使用・コミットしてほしい」とのこと。

写真12 SparkProjectのブース

写真12 SparkProjectのブース

FlexUserGroup

国内最大規模のFlexコミュニティFlexUserGroupも参加。展示ではオリジナルのポストカードを配布した。

廣畑大雅氏によれば,⁠メンバーが3000名を超え,2月に4ヵ所で勉強会を行うので詳しくはフォーラムまで!」とのこと。

写真13 FlexUserGroupのブース

写真13 FlexUserGroupのブース

Flash OOP

また,書籍「Flash OOP for ActionScript3.0」が有名なFlash OOPも参加。自作マルチタッチディスプレイや,Funnel等のデバイス+Flashのデモを行っていた。

クスールの松村慎氏によれば,⁠昨年は本の出版ができた。今年は勉強会やイベントを充実させ,デバイス系など新しい切り口も入れながら,OOPの楽しさを皆さんに知っていただきたい。サイトで情報を公開しているので,詳しくはそちらで」とのこと。

写真14 Flash OOPのブース

写真14 Flash OOPのブース

途中,ミニステージもありました!

ブーススペースの一角では,特設のミニステージが設置されており,2日にわたり,プレゼンテーションが行われていました。

写真15 1日目のミニステージで行われていた,KAYAC 大塚雅和氏による,wonderflの紹介

写真15 1日目のミニステージで行われていた,KAYAC 大塚雅和氏による,wonderflの紹介

写真16 2日目のミニステージで行われていた,BOW 吉川佳一氏による,BOW cARdの紹介

写真16 BOW 吉川佳一氏による,BOW cARdの紹介

スペシャルイベント:EDGE Now ! of the Year

最終日最後のセッションでは,Adobeが主催するEDGE Now !のスペシャルイベントが行われた。

オーガナイザーを務めるAdobe マーケティング Webグループ 西山正一氏によると,EDGE Now !は,⁠Adobeがユーザーのみなさんとコミュニケーションをとりたい」という希望を具現化したもの。EDGE Nowを見れば,今どんなWebサイトが流行っているかわかる」というもの。

そして,⁠ユーザーにブログを登録していただき,気になっているWebサイトをそのブログで紹介することでスコアがあがり,ランキングに影響がある」と説明された。

登録されたサイトは41,107個にのぼっており,ユーザーからもっとも人気のあったサイトを「EDGE Now ! of the Year」として,今回,発表することが伝えられた。

発表された上位10位のサイトは,次のとおり。

  1. UT LOOP!(tha ltd.)
  2. THE ECO ZOO | ECODA!DOUBUTSUEN(猿人,城戸雅之氏,マッキャンエリクソン)
  3. FONTPARK 2.0 | MORISAWA(tha ltd.)
  4. SCR | DROPCLOCK(tha ltd.)
  5. HELLO,WORLD - SftBank( tha ltd.)
  6. UNIQLO TRY(株式会社電通,SIMONE INC.)
  7. DRY IN MOTION(Projector Inc.,mount inc.)
  8. UNIQLOCK(Projector Inc.)
  9. BUILDUP!-日本建設業団体連合会(株式会社葵デジタルクリエーション,株式会社ワン・トゥー・テン・デザイン)
  10. LOVE DISTANCE(NON-GRID)

2008年を代表する1~5位までのサイトをtha ltd.がほぼ独占する形となった。2位にはROXIK 城戸雅之氏が受賞し,⁠来年こそは一位を狙えるよう頑張りたい」と意気込みが聞かれた。

このあと,投稿している「EDGEなブロガー Of The Year」も発表され,受賞者にはEdgeNowのブログパーツをあしらったプロレスマスクを進呈。会場を沸かせた。

写真17 ⁠EDGEなブロガー Of The Year」の発表後の記念撮影

写真17 「EDGEなブロガー Of The Year」の発表後の記念撮影

このスペシャルイベントを終え,Adobe Max Japan 2009は閉幕した。

私にとってのAdobe Max Japanの全体的な感想となって恐縮だが,一日目の基調講演で"Adobeのいままで"と,"これからの制作指針"を,セッションでは海外デザイナーから作品作りへの"感覚"のインスピレーションを,2日日の基調講演では"CS4製品の実用と実績",セッションでは日本勢のそうそうたる面々からWeb制作・Flash制作の"英知"を得た。

2日間にわたって行われたこのイベントは,大盛況に終った。現在のWEB環境を取り巻く技術は幅広い。その技術の一つ一つを支えるAdobeの将来に,これからも期待し,我々はクリエーターとして惜しみなくその技術を活用してより素晴らしいWebサイト,そしていかなる環境のユーザーにも快適に閲覧・使用できるWebサイトを開発していきたいものだ。

著者プロフィール

加茂雄亮(かもゆうすけ)

株式会社ロクナナにて,ActionScriptを伴うFlashコンテンツや,AjaxコンテンツなどRIA開発に従事するフロントエンドエンジニア。テクニカルライターとしての一面を持ち,WEB・雑誌・書籍、媒体問わず執筆。また,イベントやセミナーでの講演など,精力的に活動している。

URLhttp://log.xingxx.com/
URLhttp://rokunana.com/