Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

第1回 Plone Symposium Tokyo 2015-Day 1:トークセッション編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

パネルディスカッション:大学教育とPlone

  • 登壇者:Alexander Loechel/Haruo Takemura/Katsusuke Shigeta/Chiaki Ishida
  • 言語:英語

Plone Foundation Boardメンバーでもあり,ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU Munich)からお越しいただいたAlexander Loechel氏,大阪大学で実際に多くのPloneサイトを運用されている竹村教授,オープンエデュケーションの分野でPloneやその他OSSツールを使われている重田准教授,お茶の水女子大学でPloneを使った学習支援サイトを運営されている石田講師の4名によるパネルディスカッションが行われました。

写真14 左からKatsusuke Shigeta氏,Haruo Takemura氏,Alexander Loechel氏

写真14 左からKatsusuke Shigeta氏,Haruo Takemura氏,Alexander Loechel氏

写真15 Chiaki Ishida氏

写真15 Chiaki Ishida氏

各登壇者から,自己紹介と併せてPloneとの関わりをお話いただき,その後Ploneの良さとなぜ使っているのかなどをそれぞれ発言いただきました。最後はオープンソースなどのエコシステムの話題になり,各人それぞれの立場や考え方を伺うことができました。

パネルディスカッション:達人に聞くWebフレームワークを選んだ理由

  • 登壇者:@tahara0011@hirokiky@wolf20xx@aodag
  • 言語:日本語

Zope,Django,Tornado,Pyramidのエキスパートが集まり,Webフレームワークを選んだ理由や業務での活用方法についてディスカッションしました。業務でいかに活用しているかを中心に話が進み,学習コストやコントリビューションの障壁についても議論が進みました。

参加者の方々には,それぞれのフレームワークの特徴がよく見えた議論だったのではないでしょうか。規模が比較的大きいZopeやDjango,小さいながらも柔軟なPyramid,他にはない非同期という特徴を持ったTornadoと,各々の利点や持ち味が「業務でどう活用されているか」を主軸に紹介されていました。

Lightning Talks

5分の短い発表を次々に行うLghtning Talksでは,5人の登壇者が発表しました。

  • @hajime_nakagami さん / Zch(ゼットちゃんねる)のお話
  • Honma さん / 山形県における自治体へのPlone導入対応
  • Alexander Loechel@Pumukelさん / 3 small examples
  • @makotokuwataさん / How to Design Pure HTML Template Engine
  • @takanoryさん / Pythonエンジニア養成読本オモテウラ

Ploneの導入についてや,テンプレートエンジンの技術的な話,2chライクなZope用掲示板プロダクトProducts.Zchを最新版のZopeで動作させる話,執筆された本のPRなど広いテーマについてピンポイントでの発表となりました。

さいごに

Plone Symposium Tokyo 2015 Day 1:トークセッション,いかがでしたか?

Plone単独の1日イベントは日本では初めての試みでしたが,多くの方に参加いただき,またさまざまなトピックの発表が集まり,充実した内容だったと思います。ゲストとして参加したPlone Foundation代表のPaul Roeland氏からは「発表内容の多様さ(diversity)がすばらしかった。雰囲気もよく,単独のシンポジウムの第1回目としては大成功でしょう」とのコメントをもらいました。運営スタッフとしては嬉しい限りです。

写真16 ランチタイムの様子その1。海外からのゲストスピーカーの皆さん,天気が良いので外のベンチで昼食です。気持ち良さそう。

写真16 ランチタイムの様子その1。海外からのゲストスピーカーの皆さん,天気が良いので外のベンチで昼食です。気持ち良さそう。

次回は

さて,次回は ⁠Day 2:開発スプリント&インタビュー」と題して開発スプリントの様子をレポートします。併せて,Plone Foundationメンバーの3名の方と,Tres Seaver氏へのインタビューもお届けします。お楽しみに!

本稿撮影協力
田原朋子

著者プロフィール

寺田学(てらだまなぶ)

  • 株式会社CMSコミュニケーションズ 代表
  • 一般社団法人PyCon JP 代表理事。
  • Plone Foundation Ambassador
  • NVDA日本語チーム 監査

Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。Ploneコアコミッターとして,Plone 4の日本語検索部分を担当した。

共著書に,「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.),「10日でおぼえるPython入門教室」(翔泳社),「FFmpegで作る動画共有サイト」(毎日コミュニケーションズ)他がある。


清原弘貴(きよはらひろき)

 
  • 株式会社ビープラウド 所属
  • djangoproject.jp 管理者

Djangoが好きで,Webアプリケーションやライブラリを趣味/仕事で作ったりDjango本体のソースコードへパッチを送ったりしている。

Djangoの貢献者一覧に名前が載ってることが密かな誇り。

共著書に「Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版」(秀和システム),「Pythonエンジニア養成読本」(技術評論社)がある。


田原悠西(たはらゆうせい)

オープンソースERPのERP5開発者の一人。自由ソフトウェアが好き。


安田善一郎(やすだぜんいちろう)

  • シエルセラン合同会社 代表
  • 株式会社Suraface&Architecture 所属
  • 株式会社ニューロマジック 監査役

PloneをはじめMT,Wordpress,WebReleaseなどさまざまなCMSでサイト構築(企画IAディレクション含む)を手がける。UI/UXデザインのディレクションも。トライアスロン歴約5年だがずっとビギナー。

「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.)共著

バックナンバー

Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート