Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート

第2回 Plone Symposium Tokyo 2015―Day 2:開発スプリント&インタビュー編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Tres Seaver氏インタビュー

Tres Seaver氏は,Ploneを動かすための土台であるアプリケーションサーバーZopeの開発者で,このコミュニティ最大の貢献者の一人です。自身で立ち上げたAgendaless Consultingを運営しながら,現在もZopeと,WebフレームワークPyramidの開発に携わっています。Zopeの普及活動を行うZope FoundationのPresidentであり,またPython Software Foundationのフェローでもあります。

写真3 Tres Seaver氏

写真3 Tres Seaver氏

―― はじめに,Zopeの開発をはじめたきっかけを教えて下さい。

Tres:1999年に,多くのユーザがWeb上でコラボレーションできるような仕組みをつくるプロジェクトを手掛けたんだけど,これが始まりかな。zwikiという名前でこれを動かすためのプロダクトが後にZopeになった。

当時メンバー数が40~50人のメーリングリストがあって,そこで意見を交わしながら開発を進めた。Zopeという名前はこのメーリングリストのメンバーが提案したんだ。PythonでWeb上でコラボレーションをする仕組みを共同で進めるというのはとてもエキサイティングな体験だったよ。

―― いろいろなWebフレームワークやCMSがありますが,その中でZope/Pyramid の強みはなんですか。

Tres:PloneをはじめとしてZopeは多くの場合CMSのアプリケーションサーバーのような使われ方をしているけれども,決してWebのためだけのものというわけではないんだ。昨日田原悠西さんが発表した,ERP5のような統合型の業務アプリケーションの構築にも使えるし,CRMの事例もよく耳にする。

Zopeが向くのはこういう複雑なツリー構造のモデルを扱うこと。だから,ニュースサイトとか,大規模な社内イントラネットシステムなどが得意だね。

もしテーブルで表現できるならRDBを使うことを考えたほうがいいかもしれないね。

―― なるほど,ありがとうございます。ところでAgendaless(アジェンダなし)って面白い社名ですね。

Tres:このアジェンダは,ミーティングのアジェンダのことなんだ。

普通のコンサルティング会社はアジェンダを用意するけど,その中身っていつもコンサル会社が儲けるためのアジェンダであって,必ずしも本当に顧客のためになることが書かれてないことが多い。

昔,そんな経験をしたことから,私たちは本当に顧客のためになることを提供しよう,と話し合って「アジェンダなし」っていう社名にしたんだ。

―― そんな由来があるとは思いませんでした。素晴らしい!
―― 最後に,日本の読者に向けてメッセージをお願いします。

Tres:どんな人が読者なの?

―― そうですね,Pythonエンジニアで,Webに関わっていて,でもみんながZopeやPyramidのことを知ってるわけではないと思います。

Tres:よしわかった。Pyramidを使おうよ,と言いたいかな。

PyramidはFlaskやDjangoと同じようなフレームワークだけど,もっと柔軟性があって,より大きなサイト構築にも向いているんだ。だから,⁠小さく始めて終わりは大きく,そして終わったらそのままに」⁠Start small, finish big and stay finished)だね。

―― 終わったらそのままに,ですか。

Tres:そう。だって大きな規模のサイトをまたはじめに立ち返って作りなおすなんて嫌だろう?

―― 確かに。そのとおりですね(笑)。ありがとうございました。

写真4 Tres Seaver氏とインタビュアーの3人

写真4 Tres Seaver氏とインタビュアーの3人

著者プロフィール

田原悠西(たはらゆうせい)

オープンソースERPのERP5開発者の一人。自由ソフトウェアが好き。


安田善一郎(やすだぜんいちろう)

  • シエルセラン合同会社 代表
  • 株式会社Suraface&Architecture 所属
  • 株式会社ニューロマジック 監査役

PloneをはじめMT,Wordpress,WebReleaseなどさまざまなCMSでサイト構築(企画IAディレクション含む)を手がける。UI/UXデザインのディレクションも。トライアスロン歴約5年だがずっとビギナー。

「Plone 4 Book」(Talpa-Tech Inc.)共著


村岡友介(むらおかゆうすけ)

Yarch:http://yarch.jp/

Yarchという屋号で活動しているフリーランサー。インターネットに関わる困りごと,特にPythonに関わるチューニングを手がける。日々の活動のなかで気になったものにパッチを投げてるので,GitHubのリポジトリ一覧がカオス。

Twitter:@jbking

GitHub:jbking

バックナンバー

Plone Symposium Tokyo 2015 参加レポート