レポート

パソナテック,「インフラエンジニア討論会2008」開催~最前線インフラエンジニアに見る“創造性”と“やりがい”~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ワークスタイルの勘所

最後に,インフラエンジニアとしてのワークスタイルの勘所について,ホワイトボードに記入してコメントが付け加えられた。

宮下氏:「楽」
インフラエンジニアの仕事はハードなので,良い意味でいかに楽をするか。先に苦労して後で楽をするのが大事。

画像

石原氏:「ネットワークの酸素」
インフラエンジニアはネットワークになくてはならないもの。ネットワークをより良いものにしていく意識を持つ。

画像

長野氏:「地図にのこる仕事」
大成建設のCMに出てくるフレーズ。インフラエンジニアも同様で,目立たないけどプライドを持って仕事をする。主役のアプリケーション開発者が,いかに気持ち良く仕事ができるかを考える。

画像

越川氏:「オールラウンドプレイヤー」
インフラエンジニアは4番打者っぽくはないが,小さい積み重ねが活きてくる仕事。わからないところを1つ1つ調べていくような地道な努力が重要。

画像

和田氏:「サービスの最前線」
アプリケーションが脚光を浴びることが多いが,インフラエンジニアも大きな役割を果たしている。アプリケーション開発サイドと積極的に連携する。

画像

インフラエンジニアの評価

会場の参加者から,インフラエンジニアの評価についてどのように行うべきかという質問があった。

インフラエンジニアを評価する立場にあるpaperboy&co.の宮下氏は,⁠たとえば夜間対応などで,問題が起こって対応したときに報酬が支払われるのは,問題を起こした人ほど報酬を得られることになりおかしい」と述べた。公正な評価は「難しい問題で,現在模索中」とのことで,現在考えているアイディアとして「サービスの稼働率やダウンタイムなどを評価に組み込む形にできれば」と語った。

モトローラの石原氏は,⁠必要十分なシステムをキャパシティプランニングにより算定し,実稼働後,余剰があれば減らしてコストを削減する。このような行動が,評価につながるのではないか」と述べた。


インフラエンジニアは,⁠インフラは動いていて当たり前で,問題があったときだけ文句を言われて対応に追われる」というイメージを持たれがちであるが,ネットワークにとってはなくてはならない存在である。監視の方法など工夫できる部分も多く,技術力も求められるので,ゲストエンジニアはやりがいを感じて仕事をしていることが窺えた。

⁠株⁠パソナテック
URL:http://www.pasonatech.co.jp/index.jsp