レポート

mixiアプリカンファレンス2009開催:「これまでの5年間で最大の変革を迎えている」―笠原健治氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

続々登場! ソーシャルアプリケーションプロバイダー

今回登場したソーシャルアプリケーションプロバイダーは,

  • ロックユーアジア株式会社
  • 株式会社バンダイナムコゲームス
  • 株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ
  • 株式会社コミュニティファクトリー

の4社。

最初に登場したロックユーアジアは,米RockYouのアジア向け法人で,すでにFacebookやMySpace上でソーシャルアプリケーションの開発を行っており,ビジネス的にも素晴らしい実績を残している企業である。今回,mixiアプリに向けて「Super Pets」という,仮想ペット飼育ゲームをリリースしました。

ロックユーアジア取締役 Jia Shen氏(左)

ロックユーアジア取締役 Jia Shen氏(左)

ロックユーアジアが提供する,Super Pets

ロックユーアジアが提供する,Super Pets

次いで登場したバンダイナムコゲームスは,すでにピコミクやmixiコレクションなどでmixiとのコラボレーションを行っていたこともあり,今回は,その関係がさらに強化されたことを説明した。mixiアプリについては現在開発中である,マイミク同士でお祝いし合える「バースディケーキ(仮⁠⁠」が発表されました。

バンダイナムコゲームスNE事業本部執行役員 浅沼誠氏

バンダイナムコゲームスNE事業本部執行役員 浅沼誠氏

バースディケーキのコンセプト

バースディケーキのコンセプト バースディケーキのコンセプト

3番目に登場したのは,日本最大規模のメディアを持つリクルートの開発グループ,メディアテクノロジーラボ。同社はすでに,コマーシャライザーやC-Teamなど,多数のWebサービスを展開しており,mixiアプリでの展開についても,従来どおり,数多く豊富な種類のサービスを提供することがMLTの価値として,今回30種類のmixiアプリが準備されていることが発表されました。

リクルートメディアテクノロジーラボ局長 木村稔氏

リクルートメディアテクノロジーラボ局長 木村稔氏

リクルートMTLでは,30本のmixiアプリリリースが準備されている

リクルートMTLでは,30本のmixiアプリリリースが準備されている

ワンパク,カヤックなど,リクルートMTLとともにmixiアプリを開発するパートナー企業

ワンパク,カヤックなど,リクルートMTLとともにmixiアプリを開発するパートナー企業

最後に,4月8日に発表されたmixiファンドからの支援企業第1号となった,コミュニティファクトリーが登場した。現在,いくつかのmixiアプリを開発中とのことで,中でもソーシャルゲームのジャンルに注力していくとのこと。

コミュニティファクトリー代表取締役社長 松本龍祐氏

コミュニティファクトリー代表取締役社長 松本龍祐氏

コミュニティーファクトリーが考えるソーシャルゲームのコンセプト

コミュニティーファクトリーが考えるソーシャルゲームのコンセプト