レポート

「とちぎテストの会議」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ライトニングトークス

パネルディスカッションの前に,ライトニングトークスが行われました。

庄司嘉織さん

嘉織さんによる,ネタ満載の動画による発表でした。映画の台詞(元はドイツ語)とは関係なく,TDDに関する台詞を字幕でつけていました。

「BDDとは何だ?」⁠TDDの言葉を換えただけじゃないのか?」⁠振る舞いなんて言葉は使わないから感覚的に分からない」という,嘉織さんの気持ちをストレートに代弁したものでした。確かにBDDは言葉を換えることでTDDのテストという言葉で生じる誤解を減らそうというものですが,コンセンサスを得ているとは言えない要因が,この動画で語られたようなところにあるのでしょう。

画像

森田尚さん

オーム社でさまざまな書籍を手がける森田尚さんによる発表でした。書籍の作業にも,ソフトウェアのさまざまなプラクティスを応用してみました,とのことです。そのままソフトウェアに応用できないモノも数多くあり,まだまだ色々試行錯誤中とのことでしたが,評判が良かったり,効率が上がったり,質が上がったというのを実感されているそうです。

画像

秋山浩一さん

秋山浩一さんは,大きめのシステムでバグが1つしかなかったというSmalltalk-80における経験から,バグの削減に効果のあるSmalltalk-80の開発環境,習慣,フィロソフィーなどを分析されていました。

eXtreme Programmingの出発点となったC3プロジェクトもSmalltalkだったということで,テストなどのいくつかの共通点はありましたが,バグが発生したらその場でエディタが起動して修正して継続実行できたりとか,開発者同士のお披露目など,⁠ワイワイ感があった」とのことです。

画像

stsuboiさん

咳さんと同じ会社に勤めているstsuboiさんによる,⁠賢者」咳さんの分析の発表です。

賢者を捜し出すことで,さまざまなことが学べる。ただし賢者を見分けるのは難しい。初見の人には一見電波系でありなかなか区別が付かない。山の上に住んでいて,たまに下界に降りてくる。また,メーリングリストでは自らの発言はほぼせず,他者のメールに返信を返す程度。しかもそれは一見KYに見えるため,的を得た返答が帰ってきたと思えることはあまりないが,落ち着いて眺めると本質的な問いかけであることが多いという,様々な賢者の分析が紹介されました。

後半の資料を見ると,賢者のシンプルかつ鋭いツッコミの事例の紹介が多数出てくるのですが,時間切れでちょうど「KYっぷり」の紹介が大多数になってしまいました。ですが,それもまたライトニングトークスです。

画像

小笠原秀人さん

テストをとっても楽にするツール(TETRA)などの開発も行われてきた小笠原秀人さん。新規製品開発のプロジェクトにおけるテストマネージャの仕事とテストについての話がありました。

重要プロジェクトであれば,かなり上の方まで報告する必要があるため,メトリクスプログラムを構築して定期的なデータの収集と分析が大切になります。実際には,仕様変更やテスト環境上で動かないといった状況があり,テストは予定どおり進まないこともあったそうです。スケジュールに関する予定と実績の見せ方に苦労したそうです。予定の変更をうまく吸収して進捗グラフを作成することも必要とのことでした。テストは最終段階のプロセスなので,スケジュールに乗っているかどうかよりも,裏を取るのが重要とのことです。

画像

太田健一郎さん

太田健一郎さんからは,イベント駆動開発(EDD)が紹介されました。別名デスマーチ?すべてがイベント(部長の行動)で駆動され,部長の満足という個人的要因でプロジェクトの意思決定がなされる。部長の発言ですぐにタスクが大幅に変わり,変化を抱擁できない。WBSもない。開発側のプロジェクトリーダーが何人も倒れ,SE残酷物語を地で行くような内容でした。おそらく,資料の公開はないでしょう。

坂田アキノリさん

坂田アキノリさんからは,メインフレームのテストが紹介されました。特にテスト工程という名前ではなかったのですが,3つに分割された工程が開発の途中にあり,その中で単体テストなり,結合テスト相当ものを担当されていたとのこと。ただし,担当されていた内容がOSの資源管理に関する部分であり,単体で動作させても分からないため,すべてをくっつけて丸ごとステップ実行をして,マシン語を見ながらデバッグされていたそうです。

画像

著者プロフィール

渋川よしき(しぶかわよしき)

社内SE。ソフトウェアを中心に,ライフハック,インラインスケートなど,様々なコミュニティの運営に関わってきた。日本XPユーザグループには設立準備の時から。現在メインのコミュニティはとちぎRubyとPython温泉(系)で,ドキュメントツールのSphinxのコミュニティの設立準備中。趣味は技術文書の翻訳とLT。

Twitter:@shibukawa

ブログhttp://blog.shibu.jp