レポート

「第23回 HTML5とか勉強会」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

GeoHex & GeoLocationAPI

カンファレンス最後のセッションは,GeoHex代表の笹田忠靖さんに,Geolocation APIとGeoHexについて講演いただきました。

画像

GeoHexとは,笹田さん自身が開発されている,地図全体を隙間なく六角形で覆い,位置情報を六角形で管理するライブラリです。今回は,GeoLocationAPIに関する知識やノウハウ,またGeoHexの紹介やそれを使ったページの紹介という内容でした。

まず最初に,GeoLocationAPIについての簡単な説明と使い方,GoogleMapとの連携方法などが紹介されました。以下は講演中に掲示されたGeoLocationAPIの利用例に少し追記したものです。

navigator.geolocation.getCurrentPosition( successCallback, errorCallback );
function successCallback(position) {
        console.log(“緯度: ”+position.coords.latitude);
        console.log(“経度: “+position.coords.longitude);
}
function errorCallback(error) {
        console.log(“code: “+error.code);
}

次に,GeoLocationAPIを使う上での注意点を挙げました。

  • 測位手段が選択不可能
  • 測位には時間がかかる
  • キャッシュが強い
  • 電池消耗
  • 許可フラグの問題

また,GeoLocationを用いたサービスを作る上での注意点も指摘しました。

  • 実機検証
  • 測位の時間やズレは天候などの条件で変わる
  • 屋外で使うことを考えた配色
  • 屋内などの不正確な場合の対応
  • 測位中の不通への対応

筆者も現在GeoLocationAPIを使ったサービスを構築しているのですが,キャッシュの強さには苦労していて,目から鱗な内容でした。

最後に,GeoHexについての説明と実際に使っているデモを紹介しました。GeoHexは,六角形で位置情報を管理することで,情報量の多さや,プライバシーの問題などを改善することを目的としたライブラリだそうです。矩形ではなく六角形になっている理由は,矩形と比べて,周囲のグループとの距離が均一になるからとのこと。

実際にGeoHexを用いて作られたデモはこちらになります。詳しくは,こちらの講演資料をご覧ください。

アンカンファレンス

冒頭で言及したとおり,今回はセッション後にアンカンファレンスを行いました。

アンカンファレンスとは,各自テーマを決めて議論し,最後に何を話したか発表する,講演者だけではなく参加者たちで進める⁠アン⁠カンファレンスな企画です。本勉強会では初の試みでしたが,海外ではよく行われているもので,先日アメリカで開催されたTPAC 2011でも行われていました。

今回はカンファレンス終了後,最初に全員で議題を決め,それぞれが好きな議題のグループに別れ,ビールと軽食を片手に和気あいあいと議論を深めました。そして最後に,それぞれの議題の代表者によるプレゼンテーションを行いました。

実際に議論されていた内容は以下になります。写真は議論中に書かれていたホワイトボードです。

イベントの女性率を増やす方法を考える

イベントの女性率を増やす方法を考える

SVGとCanvasの使い分け

SVGとCanvasの使い分け

「HTML5/CSS3できます」の定義

「HTML5/CSS3できます」の定義

マイナーなAPIについて考える - Full Screen API

マイナーなAPIについて考える - Full Screen API

バージョン管理,ディレクトリ構成について

バージョン管理,ディレクトリ構成について

HTML5の基本的な学習方法

HTML5の基本的な学習方法

テストのやり方・書き方

テストのやり方・書き方

「HTML5サイトで」と言われたら

「HTML5サイトで」と言われたら

最後に

レポートに対する感想や,勉強会に対する希望・意見・取り上げて欲しいテーマなどありましたら,twitter(@yutaro_i)までお気軽につぶやいていただければと思います。

本勉強会は,毎月第3水曜日または第3木曜日に開催していますので,興味を持たれた方は是非参加ください。ただし,会場や講演者スケジュールの都合などにより,開催日程が前後することがあります。開催のアナウンスはhtml5j.orgのMLで行われますので,こちらをご確認ください。なお,コミュニティサイトhtml5j.orgも公開していますので,是非こちらもご確認ください。

著者プロフィール

井原雄太郎(いはらゆうたろう)

東京工科大学大学院,田胡研究室所属の修士2年。

「HTML5とか勉強会」のスタッフ,主に雑用とたまにレポート記事を担当。Web系男子を目指す1987年生まれ。

主に使う言語はJavaとJavaScript。

twitter:@yutaro_i