レポート

今度はJava!みんなでバリバリチューニング!第3弾チューニンガソン開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

順位発表,優勝は福岡サテライトから!

さて,開始から5時間後,17:00ジャストにチューニングバトルが終了しました。

終了直後。皆,お互いの検討を讃え合いつつ,情報交換

終了直後。皆,お互いの検討を讃え合いつつ,情報交換

その後,約30分で各チームの数値を計測し,いよいよ結果発表に移りました。

優勝は,今回初めて用意された福岡サテライトからの参加者Spring_MT氏。その他,上位10名中4チームが福岡からと,日本全国のインフラエンジニアたちのスキルの高さが証明される大会にもなりました。

その他,結果は下表のとおり。

優勝Spring_MT59.984福岡
2位hogehikobrtriverペア59.486東京
3位pekenishi59.083東京
4位meke_meke56.183東京
5位matsumana55.080福岡
6位Kenji Matsuo54.183福岡
7位TakayukiSaito51.980東京
8位Fujie Soichiro50.860東京
9位asp_nakashima&minimum2scpペア50.479福岡
10位kenichikat
(敬称略)
49.077東京

優勝したSpring_MT氏

優勝したSpring_MT氏

惜しくも2位。会場スポンサーVOYAGE GROUPからhogehiko氏&brtriver氏ペア

惜しくも2位。会場スポンサーVOYAGE GROUPからhogehiko氏&brtriver氏ペア

3位はpekenishi氏。このあたりまで結果が非常に僅差だった

3位はpekenishi氏。このあたりまで結果が非常に僅差だった

講評

その後,各チームの講評が行われました。順位発表時に多く聞かれたのは,JVMメモリ割り当てを調整(拡大)というチューニング。まずは,仮想マシン側のパフォーマンスを上げるというアプローチを取ったチームが多くいました。その他,

  • tomcatの入れ替え
  • tomcatのパラメータ調整
  • JVMをJRockitに置き換え

などといったチューニングもよく見られました。

実際,優勝したSpring_MT氏は,

  • DBのチューニング
  • tomcatのヒープ拡大

の2点を重点的に行い,高いパフォーマンスを残せたとのこと。

また,テクニカルサポートを行った得上氏からのアドバイスとして「nice値の調整」が効果的だったとのこと。実際,nice値を調整し,MySQLとTomcatがバランスよくCPUを使う値を探し出し -12という値にしたことで、参考数値64オーバーが出たそうです。

講評を行う得上氏

講評を行う得上氏

講評に続き,クラウドスポンサーAWSエバンジェリスト玉川憲氏によるプレゼンテーションが行われた。AWSを複数使うことのメリットなど,今回のチューニングとは異なる視点からのクラウド,AWS各種サービスのメリットについて紹介された

講評に続き,クラウドスポンサーAWSエバンジェリスト玉川憲氏によるプレゼンテーションが行われた。AWSを複数使うことのメリットなど,今回のチューニングとは異なる視点からのクラウド,AWS各種サービスのメリットについて紹介された

次回に向けて

以上,今回はJavaのアプリを使いながらパフォーマンスチューニングの腕を競い合いました。主催の山崎氏が第1回から言っているように「実際に使うアプリのインフラをどうチューニングするか。すなわち実用的なチューニングスキルを持っているかどうか,それを競う場にしたい」というのが,チューニンガソンの本質です。今回も,ふだんから使っているさまざまなノウハウやスキルが投入され,アツい戦いが繰り広げられました。

また夏ごろ次回開催が予定されているとのことです。次はどんなチューニングバトルが見られるのか,今から楽しみです。

イベント後,参加者同士の交流会も行われた

イベント後,参加者同士の交流会も行われた

補足

今回,使用したAMIが公開されています。⁠tuningathon-003.f / ID:ami-ac67d6ad」です。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

【レポート】いろいろチューニングしてパフォーマンスを競うバトルイベント!
「Tuningathon」第3弾! #tuningathon
http://pr.zero-start.jp/archives/65659171.html
3/24開催 チューニンガソン第3弾!参加ブログ まとめ #tuningathon
http://matome.naver.jp/odai/2133272934883641701

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/