レポート

「Plone Conference 2012」参加レポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

閉会セレモニー

閉会セレモニーは主にスポンサーの紹介とイベントの開催にあたり尽力された方々を讃える内容でした。最後に,Music Sacrumとイベント開催中に撮影した集合写真がスクリーンに表示され,大きな拍手の中Plone Conference 2012が終了しました。

Thanks Musis!

Thanks Musis!

集合写真

集合写真

ディナー&パーティー

閉会セレモニー後はPARK HALLにてディナーが開催されました。料理はビュッフェ形式でランチタイムから変わらずのパンやハムに加えてサラダやラザニア,そして念願の米料理(ドライカレー)もありました。オランダに来て以来ずっと主食がパンだったので待望の一品でしたが,欧州ではあまり人気がないようで最後まで余っていました。

ビュッフェの風景

ビュッフェの風景

会場にはたくさんの円形テーブルが用意されており,私が座った席は偶然にもPlone界では少数派のアジア人が多いテーブルでした。国籍はフィリピン,タイ,オーストラリア,ケニア,ドイツと国際経験の乏しい私にはとまどいもありましたが,皆さんが優しく簡単な英語で接してくれたため,なんとか会話を楽しむことができました。

そして話の中で日本に興味を持っている人が多いことを知りました。観光名所を聞かれたので東京スカイツリーの話をしたら634メートルという高さに驚いていましたし,⁠エッフェル塔に似たのあるよね?」と聞かれたので東京タワーの話をしたら今度は大きさと歴史の古さに驚いていました。また,知り合ったタイ人の女性は日本のアニメにも関心があるようで子供の頃から「ドラえもん」「パーマン」が放送されていたらしく,⁠簡単な日本語ならわかるよ」と言っていました。それから年齢当てゲームが始まり,26歳の私を「30歳!」⁠34歳!」と言われてすごく凹みました。日本では逆に若く見られることが多いので,外国人の年齢を当てるのは難しいのだなと感じました。2時間弱の異文化交流をとても楽しかったです。

ディナーの風景

ディナーの風景

ディナータイムが終わる頃,下の階にあるHang outルームからノリのよい音楽が流れてきました。部屋に入ると朝コーヒーやお茶があった場所には大量のビールやワインが並んでいました。さぞかし盛り上がっているのかと思いきや,部屋の中心で5~6人が踊っている以外はほとんどの人が輪を作り会話を楽しんでいました。私はというと,なにやら面白いことをしている人たちを見つけたので一緒にいたずらしました。

私達のいたずら

私達のいたずら

その後,私は今回のイベント参加者にインタビューしてまわりました。数名と話たところで疲労がピークになり,その日はそのままホテルに戻りました。ちなみにパーティーは深夜まで続き一部の参加者は別の会場で朝まで語り明かしたそうです。

パーティーの様子

パーティーの様子

著者プロフィール

間中宏修(まなかひろのぶ)

1985年生まれ。理系大学院を卒業後,Web業界に進みPloneを使ったWebサイトの構築にあたる。個人では,オフィシャルからプライベートまで音楽系のWebプロジェクトを企画している。趣味は音楽の鑑賞とピアノの演奏,またライブ遠征が転じて旅行にも興味を持つ。プロフィールの写真はお気に入りの場所サンフランシスコのハイドストリート。