レポート

ヤフーvsクラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」イベントレポート【前編】

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

第2回戦 テーマ:小ネタ集

  • 先攻:ヤフー 佐野さん
  • 題名:Objective-C が好きになる Tips&Hack

佐野さんは学生時代に起業し,2013年にヤフーに入社されて,現在はヤフーの新しい検索アプリの開発に携わっている。

ヤフー 佐野さん

ヤフー 佐野さん

佐野さんのお話は大きく分けて次の2つです。

  • UIViewを使いやすく
  • NSNullを黙らせる

まずは,中級編として「UIView を使いやすく」のお話です。UIViewをアニメートさせようとして初心者が書いてしまいがちなコードを提示し,解決法を解説していきます。

たしかに,初心者あるあるなコードはアサインできないコードですが,非常にシンプルで直感的なコードです。それに対して参考書などにあるコードは正しいコードですが,いまいち美しくないし直感的ではないと佐野さん。美しく直感的にコードを書きたい,というところにフォーカスをあてて解説されました。

次に上級編として「NSNull を黙らせる」のお話です。

サーバからデータを取得してJSONでパースする時に,レスポンスのJSONのなかにnullが入っていて,これをNSJSONSerializationでディクショナリーにするとNSNull型になってしまい,これに対してlengthが呼ばれると落ちるというのをどうにかしようということでした。

先に,⁠レスポンスを片っ端からNSNullチェックをするのが正しいやりかた」としてから後に続きます。NSNullのカテゴリを作って何もしない setter,getter をつくって NSNullを「黙らせる」方法を紹介されました。

最後に,こんなことしてもいいのかというところで,大事なのは保守性と安全性であってプロジェクトごとに適切な判断が必要であると付け加えました。

【発表資料】Objective-Cが好きになるTips&Hack(ヤフー:佐野⁠

  • 後攻:クラスメソッド 諏訪さん
  • 題名:Xcode 5のAsset Catalogにまつわる今すぐ使えるTips集

諏訪さんはクラスメソッドの子会社アンダースコア株式会社で,iOSだけではなくAndroid,企画,デザインに携わっています。

クラスメソッド 諏訪さん

クラスメソッド 諏訪さん

1つめのTipsは Launch Image。起動画面(スプラッシュ)に使う画像をAsset Catalogで指定する方法の紹介です。Launch Imageを使って指定した画像にUIImage等でアクセスしようとしてもできないのでどうしたらよいのかというお話をされました。

imageNamed: でアクセスするには

3.5 inch Retina@“LaunchImage-700”
4 inch Retina@“LaunchImage-700-568h”

といった感じに個別に指定する必要があるということでした。

2つ目のTipsは Slicing Image。Xcode 5 から Asset Catalog で画像のスライス指定が可能となりました。実際に画像がどのようにスライスされるのか,また,伸縮のモードの違いについての解説です。

3つ目のTipsは Non-Glossy Icon。iOS 6までのアプリアイコンは非光沢アイコンにすることができますが,Xcode 4まで使っていたInfo.plistの⁠Icon already includes gloss effects⁠は,Asset Catalogを使っていると効かなくなります。これはAsset Catalogにアイコンの光沢/非光沢を指定するプロパティがあるため,ということで,詳しいプロパティの設定方法を紹介されました。

【発表資料】Xcode 5のAsset Catalogにまつわる今すぐ使えるTips集(クラスメソッド:諏訪)

第2回戦 結果発表

得票数は次の通りとなりました。

チームヤフークラスメソッド
登壇者佐野諏訪
得票数568713106

画像

小ネタ集をテーマに戦った2回戦は,クラスメソッドの諏訪さんに軍配が上がりました。佐野さんの得票数が低めなのは,オーディエンスを引きつけ過ぎた結果でしょう。会場の参加者が聞き入って投票するのを忘れるくらいの素晴らしい発表でした。

著者プロフィール

横山雄大(よこやまゆうだい)

クラスメソッド株式会社 アプリケーションエンジニア

建築出身の右脳コーディングプログラマ。UI/UXデザインをしている時が幸せ。ストレスフリーなアプリケーションデザインがモットー。