レポート

レイヤーが望むアプリをコスプレで開発!~史上初のコスプレハッカソン「コスプレソン」開催~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

マナー違反のカメラマン情報を蓄積する「ローアングラーバスター」

続いて登場したのは,Project Azureによる「ローアングラーバスター」です。楽しいコスプレライフ最大の障壁は「ローアングラー」であることから,その殲滅を目的としたアプリを開発しました。このアプリは,ローアングラー情報の集約と共有を行うサービスで,⁠ローアングラーどもの恒久的な活動停止」を目指します。将来的には「ヒドイネ」ボタンやSNSへの展開も考えているとしました。

画像

レイヤーさんからは,⁠すごくいいなと思った。このアプリでローアングラーがいなくなったらいいな。つるし上げたいw」との声。一方,参加者からは「肖像権の問題はどう対応するのか?」⁠ローアングラー当人がわざわざ見るとは思えない。抑止力としての効果はあるのか?」など厳しい質問が飛び交いました。

画像

マナー違反のカメラマン情報を蓄積する「ローアングラーバスター」

3番目に登場したのは,バルスプレによる「バルスプレ」でした。プレゼンの表紙に,協力したレイヤーさんがコスプレしているキャラを使い,会場を盛り上げました。アプリはコスプレ会場で利用するもので,写真撮影や「ふりふり(スマホを振る⁠⁠,スタンプの送信が可能になっています。また,アプリの利用情報,位置情報,すぐ近くのレイヤーさんを検知した情報をサーバーに送信されるので,ユーザーはその情報を元に,今盛り上がっているコスプレ会場のスポットを知ることができます。

画像

また,レイヤーさん自身がオーディエンスを巻き込むために活用できることも特長。同じアニメ・コスプレが集まったりしたときや,ちょっとしたパフォーマンスを行うときに使います。具体的には,オーディエンスにアプリを起動してふりふりしてもらうことで,その場の注目度を上げることができます。ふりふりは表示色を変えられるので,キャラに合わせた「推し色」でふりふりを行えます。盛り上がり状況は地図上で確認できるので,どこが盛り上がっているかもわかります。

画像

WCSの担当者が「ニコニコ超会議」から駆けつける!

ここで,WCSの担当者の方々が,当日開催されていた「ニコニコ超会議」から駆けつけてくださったので,一言ずついただきました。世界コスプレサミット実行委員会の実行委員長である小栗徳丸さんは,⁠なんとか間に合いました。WCSに向けて『こういうアプリが欲しい』と言っていたところ,パソナテックさんから声をかけていただき,コスプレソンが実現しました。本当にありがたく,また楽しみにしています」と述べました。

画像

テレビ愛知の世界コスプレサミット事務局のプロデューサーである小倉啓輔さんは,⁠コスプレサミットは12年前にテレビ愛知の人間と小栗さんがヨーロッパに行って,コスプレ広めようとしてくれたことが始まりです。主体はこのおふたりで,一緒にWCS盛り上げるために日々活動しています。ニコニコ超会議があるのに,皆さんここに集まっていただき,一生懸命考えていただいて本当に嬉しい。今日はありがとうございます」と述べました。

WCSのプロデューサーである森貴宏さんは,⁠今日は本当にありがとうございます。今年も7月末から8月にかけて名古屋を盛り上げるために活動しています。皆さんのアイデアを少しずつお借りして,国の力も借りて,イベントを大いに盛り上げられたらいいなと思います。よろしくお願いします」と述べました。6月のアプリコンテストに優勝すると,この方々がアプリをPRしてくれるのです。

自分に似合ったコスプレキャラを見つけられる「コスキャラサーチ」

プレゼンに戻り,4番目に登場したのはTHREE PIECES海賊団による「コスキャラサーチ」です。コンセプトは「自分の体型に合うキャラをすぐに見つけられるWebサービスあったらいいな」というもの。自分に一番似合うキャラを身長やスリーサイズから探せる「サイズ検索」と,キャラの数値を知ることができる「キャラクターベース検索⁠⁠,そして好きなアニメのタイトルから探せる「アニメ検索」を利用できます。これによって自分に合ったキャラクターを知ったり,好きなキャラのサイズに合わせて再現度を高めることができます。また,身長を入力することでその数値前後の該当キャラを表示したり,他のメンバーとの対比を重視する場合のためにキャラ一覧の画像を見ることもできます。

画像

レイヤーさんからは,⁠身長差がわかるのはいい」⁠コスプレはすごくお金かかる。たとえば自分が持っているウィッグの色,手持ちのカラコン,ブーツなどでできるキャラを見つけられると嬉しい」といった意見が出ました。また参加者からは「スリーサイズが公表されていないキャラはどうするのか」という質問があり,⁠大きめ」⁠普通」⁠小さめ」など数段階での表示も考えたいと答えました。さらにデータベースについては,キャラ情報を集めているサイトがあるので提携してみては,といった提案もありました。

画像

レイヤー向けの完全招待制SNS「CosPhoto」

5番に登場したのは,本能寺学園アイドル部による「CosPhoto」です。コスプレイヤーのための完全招待制の画像共有サービスとなっており,心ない人が見たり無断に写真を転載される心配もありません。また,気に入ったコスプレイヤーさんとつながることもできますし,コスプレを見せるという行動自体のハードルを下げることもできます。同様のサービスは現在でもありますが,使いづらいし見づらいというのが現実。iOSアプリで画像共有SNSは,おそらく世界初のアプリであると強調しました。

画像

レイヤーさんからは,⁠心ない中傷がないのはいい」⁠他のレイヤーさんを参考にできる。しょっちゅう使いたいと思った」などの意見が出ました。参加者からは,⁠友達の友達が自分のアンチというケースもある」⁠コスプレイヤーが使うSNSはすでにいろいろある」といった意見が出ましたが,本能寺学園アイドル部では「招待制であるし,レイヤー限定なので,いろいろと対応はできる」と答えました。

画像