レポート

Qt 5.7の最新情報も発表─「Qt World Summit 2015」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

2日間のカンファレンス

カンファレンスでは大きく5つのテーマに分類され,30分,または60分のセッションが全59講演開かれました。これらのテーマは,⁠Introductory Qt」と題する比較的ビギナー向けもあれば,最新リリース版のQtの紹介やHowTo,デバイス開発に至るまでとても幅広い分野の内容で講演されており,ビギナーであれば理解を深められ経験者であれば視野を広げられる工夫がなされていると感じました。

The Qt Company が推進しているAutomotiveについても ⁠Qt in Automotive」として7つのセッションが行われました。技術系のセッションとしてはWindows 10対応や,マルチプラットフォーム対応,ユーザエクスペリエンスデザイン関連,Qt3D関連,去年から引き続きモバイル向けやそれ以外にも多数ありどれも非常に興味深かったです。

私が参加した中で,⁠The 8 mistakes of Qt Quick newcomers」というセッションは題名もインパクトが強く印象深い内容で,QMLを使用するときにビギナーが行い易い8つの行為を非常に分かりやすく指摘していました。例えばQMLはJavaScriptと異なることを意識させる内容や,ビジネスロジックとGUIは分離すべきといった内容等がありました。講演者は冗談も交えた説明をすることで受講者の心を掴み,加えて議論も活発であったため立ち見がでるほどに大盛況でした。

カンファレンスの一風景

カンファレンスの一風景

この他にも「Effective Qt」「Effective QML」などのパフォーマンス関連のセッションはやはり注目度が高く,どちらも満員となっていました。

また,セッション全体の印象としては,難易度の高い内容もありますがビギナー向けのセッションも多く,比較的分かりやすいと感じました。それは,カンファレンス参加者の半数がビギナーということからも納得でき,そのビギナーの多さはこれから「Qt」を導入しようとする人が多く世界中から注目されている証だと思いました。カンファレンスの動画も公開されましたのでぜひご覧ください。

Qt World Summit カンファレンス
URL:http://www.qt.io/resource-center-qtws15-session-listing/

デモブース

例年セッション以外にもQtパートナーなどによるデモブースが設けられています。今年もパートナー/スポンサーのKDAB,ICSや, QNX,Qt専用の自動テストツールSquishを提供しているfroglogic,オープンソースのデスクトップ環境を開発しているプロジェクトであるKDEなど,さまざまなブースでいろいろな製品やソリューションの展示,技術デモが行われていました。

画像

The Qt Companyのブースでは,Qt 5.6以降の機能のデモが多く,Qt Wayland CompositorやHigh DPI, Qt Quick Controls 2.0, Qt Virtual Keyboard 2.0などに加えて,Jolla TabletやVxWorksなどのパートナーの展示や,Automotiveに関連してクラスターメータのコンセプトUIなどが展示されていました。どの展示ブースも非常に盛況で休憩時間中は絶えず展示を見ている人たちがいるような状況でした。

画像

最後に

今年の Qt World Summit 2015 にはトレーニングデーに約390名,カンファレンス全体で約850名の参加者ということで年々参加者も増えています。また,今年のキーノートでは産業分野の方々だけでなく経済学者も講演していました。それだけ「Qt」が世界中で利用されさまざまなフィールドに影響を与えているという証拠であり,今後もその需要が増えることが予想されます。来年は1000名の参加を目指したいとの言葉もキーノートで聞かれました。そのような活気あふれる場に参加できることは,私のような若手にはとても有意義で刺激となる3日間でした。

キーノートやセッションの映像は,YouTubeで公開されています。ぜひ一度ご覧ください。プレゼンテーション資料についても公開される予定です。詳しくは以下の公式サイトを参照してください。

Qt World Summit
URL:http:/www.qtworldsummit.com/

SRAのQt関連サービスご紹介

  • Qtの国内販売代理店として2003年からQtの普及・促進に貢献
  • Qtのライセンス販売だけでなく,コンサルティングから開発,サポートサービスまでをトータルに提供
  • 多くのQtエンジニアが在籍しており,Qt開発受託の実績豊富
  • 4名のQtコンサルタントにより,導入のご支援,パフォーマンスチューニング,Qt自身のカスタマイズ等のサービスを提供
  • Qtの導入を検討する顧客向けに,Qtプログラミング体験セミナーを無償で隔月開催
  • より実践的なプログラミングスキルを学べる有償トレーニングも毎月開催
  • 11/18~20にパシフィコ横浜で開催されるEmbedded Technology 2015にThe Qt Companyと共同でQtを出展
  • 詳細はSRAのQtサイト参照

著者プロフィール

吉川武宏(よしかわたけひろ)

株式会社SRAの開発エンジニア。2015年度からQt関連プロジェクトに配属され,C++とQMLを使用したサーバ監視用アプリケーションを開発。現在はQtサポート担当として活動している。最近はQMLを用いたGUIアプリケーションの最適化に興味がある。