Windows Azure通信2014

2014年2月第2週 ソチオリンピック公式WebサイトがWindows Azureで稼働中,Windows Azure WebサイトのギャラリーにWordPress日本語最新版を追加ほか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Windows AzureクラウドサービスにInfiniBand採用のA8,A9インスタンスを追加(1/31)

Windows AzureクラウドサービスにInfiniBandを備え,RDMAにも対応したA8,A9インスタンスが追加となりました。

Windows Azureのコンピューティングサービス(クラウドサービス,仮想マシン,Web サイト,モバイルサービス)のサーバスペックは,仮想コア(CPU)やメモリ,IOリソースがセットになっています。クラウドサービスの場合は⁠標準インスタンス⁠と,標準インスタンスよりメモリが増強されている⁠メモリ集中型インスタンス(Memory Intensive Instances)⁠があります。

このたび,さらにサーバスペックを強化した⁠コンピューティング集中インスタンス(Compute Intensive Instances)⁠と呼ばれるA8(8コア/56GB)およびA9(16コア/112GB)が正式提供(GA:General Availability)され,利用できるようになりました。これらのインスタンスには40Gbps InfiniBandが備えられており,RDMA(Remote Direct Memory Access)対応により,HPCなどMPI(Message Passing Interface)を利用した並列アプリケーションの効率性が向上します。

このA8,A9インスタンスはまず,米国中北部(US North Central)および西ヨーロッパ(Europe West)のデータセンターでの提供となります。

Windows Azure WebサイトのギャラリーにWordPress日本語最新版を追加(1/31)

Windows Azure Webサイトのギャラリーに,WordPressの日本語テンプレートが追加され,数クリックでWindows Azure上でWordPressの最新バージョン3.8.1日本語版がインストールされたWebサイトが利用できるようになりました。

画像

Windows Azure Webサイトのギャラリーには,データベースとして,MySQLの代わりにWindows Azure SQLデータベースを使うBrandoo WordPressも利用可能です。Windows Azure SQLデータベースにも無料版が用意されており,無料でWebサイトを始められます。

ソチオリンピック公式WebサイトがWindows Azureで稼働中,NBCによる映像配信にWindows Azureメディアサービス採用(2/6)

先週より2014年ソチ冬季オリンピック が開催されていますが,Webサイトや映像配信に Windows Azureのテクノロジーが使われています。

2014年ソチオリンピックのオフィシャルWebサイトは,開発期間および本番稼働を通じてWindows Azureが利用されており,Microsoftロシアの技術協力により開発,保守が行われています。Windows Azureの世界中のデータセンターを利用した冗長構成になっており,クラウドならではの伸縮性を活用してピーク時のアクセスにも対応します。

画像

また,米国の主要メディアネットワークであるNBCのオリンピック映像配信には,Windows Azureメディアサービス が採用されています。全98種1,000時間以上のコンテンツが,NBCソチオリンピックWebサイトから マルチデバイス,Windows 8 / Windows RT(Surface)⁠ / Windows Phoneはもちろんのこと,iOS / Androidデバイスで視聴できます。

なお,2012年ロンドンオリンピックからWindows Azureメディアサービスが複数の放送局に採用されている他,昨年の春よりNBCスポーツのチャンネルでもWindows Azureメディアサービス が利用されています。

Windows Azure のサービス概要

Windows Azure クラウドサービス

Windows Azureクラウドサービスは,Windows Azureのサービス開始当初から提供されているWindows ServerベースのWebアプリケーションをホスティングするPaaS型のクラウドサービスです。

Windows Azureの各データセンターには莫大なリソースが備えられており,Windows Azure自体がWindows ServerおよびSystem Center Hyper-Vを用いた仮想技術をベースとして構築されています。ファブリックコントローラと呼ばれるコンポーネントがリソースの自動管理を行っており,ノード管理,ネットワーク設定,健全性モニタリング,サービスインスタンス(仮想マシン)の開始/停止,サービス配置といったサービスの監視,維持を行います。

Windows Azureクラウドサービスでは,セキュリティアップデートを含めたOSなどの管理やアップデート,稼働状況の監視など,ハードウェアおよびOSの管理はWindows Azure側で自動化されています。Windows Azureクラウドサービスで稼働させるアプリケーションの配置(デプロイ)についてもWindows Azureでコントロールを行っており,OSアップデートや障害時など,インスタンスの再起動が必要な際の再配置も行います。

画像

Windows AzureクラウドサービスのインスタンスはWindows Serverベースの専用OSで稼働する仮想マシンであり,Windows Server 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 / 2008 の4種類から選択できます。それぞれ月1回程度セキュリティ更新などのアップデートが行われており,自動でアップデートを適用するように設定できます。また,インスタンスは2種類用意されており,Webサーバ(IISが稼働している)として機能する⁠Webロール⁠と,バックグラウンド処理などを行う⁠Workerロール⁠があります。

画像

Windows Azure対応アプリケーションの開発は,Visual Studioなどの開発ツールと統合されています。Windows Azure SDKに含まれるクラウドサービス用のアプリケーションテンプレートやローカルデバック環境を利用でき,Windows Azureに配置してリモートデバッグも実行できます。

馮富久の眼

先週末に開幕したソチオリンピック。日本代表の活躍に期待したいですね。その公式サイトはWindows Azureテクノロジーに支えられています。とくに,先日スタートした新連載キャッチアップ! Windows Azure メディアサービスで取り上げられている各種配信テクノロジーに注目したいところです。

また,Windows Azure WebサイトにWordPress日本語版が登録され,今まで以上にWindows Azure上でのWebサイト構築・運用がしやすくなっています。

Windows Azure Webサイトハンズオン+Wordpress
徹底解説セミナー参加無料!

数クリックで瞬時にWebサイトが構築できるWindows Azureをハンズオンで体験! 大阪,福岡,仙台開催

URL:http://resocia.jp/skillup/azure/wp/

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入