Windows Azure通信2014

2014年2月第4週 Oracleソフトウェア込み仮想マシン正式公開,Windows Azureサービスのアイコンセット公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Windows Azure仮想マシンのOracleソフトウェア込みイメージが2014年3月より正式公開(2/12)

Windows Azure仮想マシンのギャラリーで公開されているOracleを搭載したイメージはこれまでプレビューとなっていましたが,いよいよ3/12より正式公開となります。

現在(=プレビュー期間中)⁠Windows Azure仮想マシンのギャラリーから利用できるOralceソフトウェア搭載イメージでは,OSはWindows Server 2012 / 2008R2 / Oracle Linux 6.4となり,JDKのみ / Oracle Database / WebLogic Server / Oracle データベース+WebLogic Serverをインストールしたイメージが用意されています。この中でOSがLinuxイメージのもののみが「BYOL(bring your own license:ライセンス持ち込み)Oracle VM」⁠ として昨年(2013年9月23日)より正式提供されていました。

画像

なお,Windows Azure 仮想マシン上でご利用いただく場合の Oracle ソフトウェア料金(時間制,従量課金) が公開されており,仮想マシン部分(OS込)の料金+このOracle ソフトウェア料金でお使いいただけるようになります。取得済みのライセンスを Windows Azure でご利用いただける ライセンスモビリティ は Oracle ソフトウェアでも適用されます。

Windows Azureサービスのアイコンセットを公開(2/20)

Windows Azure の各種サービスを示すシンボル&アイコンの図一式が公開され,ダウンロードしてユーザが利用できるようになりました。

windowsazure.comやWindows Azure管理ポータルの他,Windows Azureのサービスを視覚的に表したインフォグラフィックス(infographics)などで利用されているものと同じです。

画像

Visio / Visioステンシル,PNG(とPNGをPowerPointに張ったもの)が用意されており,システム構成図を描くときなどにご利用いただけます。利用ガイドではクラウド(Windows Azure / Office 365)やオンプレミス(社内設置)を表現するためのカラーリングなどについても言及しており,Windows Azureのサービスはもちろん,関連するアプリケーションやツールなどをハイブリッドクラウド環境で利用するイメージを可視化しやすいように考慮されています。

Windows Azure のサービス概要

Windows Azureモバイルサービス

近年,スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスが普及し,多様化したデバイスに対応したサービスの開発も合わせて増加しています。そのような中でモバイルデバイス向けアプリケーションの構築に特化して,デバイス側のアプリケーションと連携するバックエンドサーバ機能を提供するBaaS(Backend as a Service)が台頭しており,Windows Azureモバイルサービスという名称でWindows Azure のプラットフォームでBaaS機能が提供されています。

画像

画像

Windows Azureモバイルサービスの場合,データストアやプッシュ通信,ユーザ認証/管理といった,バックエンド側で必要となる機能があらかじめ用意されており,モバイル向けサービスの構築にかかる開発コストを(もちろん時間も含めて)削減できます。

Windows Azureモバイルサービスでは,Windows Azure SQLデータベース(Windows Azureで提供しているSQL Server互換のRDB)をデータベースとして利用し,データベースとの接続やテーブル作成,スクリプトなどのデータストアの基礎部分は構築済みの状態で提供されます。

また,デバイス側にインストールするアプリケーションのテンプレートも合わせて用意されており,Windows ストアアプリ / Windows Phoneはもちろん,iOS / Andorid,HTML/JavaScriptのマルチデバイス向けWebページが利用できます。これらはVisual StudioやXCode,Xamarinのプロジェクトファイルとして構成されており,ダウンロードしてすぐに実装を始めることができます。

モバイルデバイスへのプッシュ通信はWindows Push Notification Service(WNS)⁠ / Apple Push Notification Service(APNS)/ Google Cloud Messaging Service(GCM)に対応しており,数行コードを追加することで簡単に組み込みが可能です。ユーザ認証はWindows アカウント,Google ID,Facebook アカウント,Twitter アカウントに対応しています。

馮富久の眼

今週公開されたWindows Azure の各種サービスを示すシンボル&アイコンが利用できるようになったのは,関係者はもちろん,私たちのようなメディアの立場の人間にとってもうれしいニュースです。何か情報を伝えたいときに,共通のイメージを使えるのはたくさんのメリットがあると言えるでしょう。

Windows Azure Webサイトハンズオン+Wordpress
徹底解説セミナー参加無料!

数クリックで瞬時にWebサイトが構築できるWindows Azureをハンズオンで体験! 大阪,福岡,仙台開催

URL:http://resocia.jp/skillup/azure/wp/

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入